第4回 擬似恋愛

読者メールを読んでいると、桃子のメルマガを読んでみなさんがさまざまなことを感じとってくれていることがわかります。ありがとうございます。 桃子もこのメルマガを書くことで、冷静に客観的に風俗について考えることができます。真面目腐ってしまいました・・・。でもこれが本当の私。(笑) 今回は擬似恋愛についてお話しします。

風俗って男にとってはとっても楽しいところ。もちろん嫌っている人もいるけど大部分の男の人は好き。「連れてこられちゃって仕方なく・・」なんて言うお客さんもいたけど、実際のプレイ中では気持ちよくて楽しくてというかんじで最後はごきげんで帰る人がほとんど。(笑)そりゃあね・・・若いかわいい(?)女の子が笑顔で拒むことなくキスはもちろん濃厚なディープキスや全身リップ、69にアナルなめ、素股、受身に尺八、口内発射しかりソープだったら本番はマットで1回戦、ベットで2回戦。元気があれば3回戦。(笑)マットや一緒にお風呂に入ったり、女の子に全身を丁寧に洗ってもらえて・・・。 あ~これぞ男のパラダイスよね~。(笑)

桃子は女だから、お客さんとして風俗へ行ったことないけど(当たり前だけど)なんか風俗って男からしたら、すっごいわくわくしちゃうまさに天国だね。夢のようなところ。擬似恋愛を楽しむところともよく言われるけど、まさにそうだよね。でも遊びで終われないお客さんを桃子は何人も見てきたよ。”桃ちゃんは俺だけは特別で営業じゃなくって好きなんじゃないのかな?”って。いわゆる勘違いってやつ。この手のお客さんは何度も指名をしてくれて、こっちとしてはいいお客さんなんだけど、何回も店外デートに誘われて、それにうまーく断るのが大変だった。騙しあいみたいなものなのかな?なんだか悲しい関係だね。

お客さんの前では最高のそのお客さん好みの女を演じ切るの。で、そのお客さんを送りだした後、控え室で愚痴ったり店長とか店の男子にぐだぐだ言う(笑)これはソープの世界ではあんまないことなんだ。念のためというか言うとソープでは女の子としたっぱのボーイにあたる人が話しちゃいけないの。でもヘルスだとかピンサロだったりそんなとこではいっぱい話すことも多い。いわゆる愚痴としてお客さんの悪口をたくさん聞いてもらうって訳。ほんとストレスたまるからさ。お客さんってムカツク人多いからさ。桃子もいらついてたこと多かったもん。(笑)これってさ、すごい無理があることしてるってことなんだよね。当たり前なんだけど”お金”でこころは買えないんだよね。なんだか風俗ってとっても悲しいところなのかもしれない。風俗に多くを求めてはいけない。あくまでも遊ぶところなんだから・・・。

2003.09.12

桜木桃子

Follow me!