第1回 家出

みなさん、はじめまして 桜木桃子です。メルマガ登録ありがとうございます!みなさんも桃子の文章を読んでいろんなことを考えていただけたら桃子はとっても嬉しいです。

風俗嬢になるきっかけは「家出」。てっとりばやくという表現がぴったりくるのかな?桃子の風俗嬢デビューは19歳。業種はヘルス。風俗嬢が誕生するのって、とってもとってもいい加減なんだよね。面接はあるけれど履歴書なんてもちろん持っていかなくてもいいし、簡単な店側の用紙に名前や住所を記入するだけ。あっ!偽りのスリーサイズなんかも記入したわ。(笑)もちろん年齢確認で免許証や保険証は見せるんだけど。寮だってあるし日払いだしで、家出少女にとっては好都合。

うまくできてるんだよね~。これぞ甘い罠ってやつ・・。桃子は風俗という世界に安易に入りこんでしまったんだなぁ。恐くなかったかって?全然といったら嘘になっちゃうけど、好奇心の方が強かったし、Hは大好きだったから。それに大金を得ることで自分は自立できちゃうみたいな妙な錯覚を起こしてたから、余裕でやれちゃった。今、考えると恐い(笑)それでも楽しかったから後悔はしてないよ。(これは強がりの部分もアリ。)

「家出」って人それぞれいろんな事情があってするんだろうけど、桃子の場合はあきらかに現実逃避そのものだった。現実から逃げて逃げて、逃げまくって・・・その先に何があったかってね・・。それは笑っちゃうけど”現実”があっただけだったんだよね。笑っちゃうでしょう?こんな当たり前のことに桃子は気づいてなかったんだ。本当にバカ。

だけど誰だって現実から逃げたい時ってあるでしょう?生きていくことって辛いことが多いでしょう?あの時の桃子は精神的にボロボロだったんだ。とっても弱い人間だったなって思うよ。

2003.07.26

桜木桃子

Follow me!