第1回 ストリッパー初舞台~

まずは楽屋に入ってビックリ!!20畳くらいの部屋に鏡がズラーっと並び鏡に名前が張ってあった。自分の名前を見付けて、とりあえず座ってみたけど何をしたらいいのか分からない。この業界では自分よりも先輩を年齢関係なく姉さんって呼ぶ。ちょっとヤクザっちっくだなぁ。少ししたら姉さんが来て挨拶をした。その姉さんは綺麗な人で優しかった。舞台の裏に連れて行ってもらい衣装を掛ける場所や、自分の前に踊っている姉さんの衣装はハンガーに吊るす事を教えてもらった。

楽屋に戻って化粧をしていると次々に姉さん達が来た。怖い…一人一人に今日からデビューします。OOです。と挨拶して回った。がんばってねって言ってくれる人、シカトする人、色々いた。全部で5人、1日4回踊る。私は2番目に踊るらしい。3番目の姉さんに自分の踊る曲数を報告する。みんな前の人の曲を聞いて、それに合わせて準備をするから報告は大切な事。

午前10時30分。いよいよ公演開始。とっくに化粧も済ませていた私は緊張しまくっていた。通常、衣装を着て踊るのが2曲、裸で踊る(ベット)のが2曲、その後ポラロイド写真を1枚500円~1000円(劇場、人によって違ったりする)で売って最後にオープンというリズミカルな曲に合わせて足を開いたり閉じたりして局部を見せるので終了。

前の姉さんがベットに入ったので舞台裏に行った。脱ぎ散らかしてある衣装を丁寧にハンガーに掛けてから自分のステージ衣装に着替えてストレッチをした。心臓が破裂するくらいドキドキして足が震えてた。姉さんが舞台裏に戻ってきてポラロイド撮影用の衣装に着替えた。(これをポラ着という)笑顔で私に「衣装ありがとうね」と言い残し再びステージに戻っていった。もうすぐだ・・あー逃げたい。帰りたい。オープンが終わって、いよいよ私の出番。

場内アナウンスで私の名前を紹介され真っ暗なステージの真ん中に立った。曲が始まってライトが私を照らす。何とか踊れた。でも問題はベットだ。どうしていいのか全く分からない。とりあえず適当に振り付けして寝っ転がってみたりしたけど長い・・裸を見られるのは慣れてたし恥ずかしくはなかったけど何をしたらいいのか分からない。10分くらいが1時間くらいに感じたよ。

やっと終わってポラの時間、デビューという事でそこそこ売れた。何とか自分の出番は終わった。汗だくになった。肉体労働ですな・・こんなんで無事にデビュー出来た私。2回目には随分緊張もとけて笑顔で踊れたしね。しかし長い15日間だったよ。姉さん達に気を使ったり、休憩中には爆睡したり、サインを考えたり・・懐かしいですなぁ・・今後はもっと深い裏事情について書いていこうと思いまーす!!

2003.01.10

秋月綾乃

Follow me!