チャットレディー“すずね” -坂井鈴音-

ネット上の風俗店といえばライブチャット。男のエゴ、エロ、勘違い、倒錯、愛憎をたくさん見てきたベテランチャットレディー“すずね”が独断と偏見でおおくりする男と女のエッチな話とネット風俗裏事情。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
坂井鈴音ご案内
マガジン発行履歴
坂井鈴音自己紹介
あなたもライターになれる
 
坂井鈴音のコラム
36 ファイナル!
35

恋人はお客様??

34

好きなお客様

33

女の子が辞めるワケ

32

なりたい自分になる方法

31 彼氏いない??
30 厳重注意!
29 待たせることの効用
28 哀しいオーラ
27 濡れてんだろ?
26 騙されても…
25 営業妨害??
24 誹謗中傷
23 衣装
22 小技を使おう
21 女王様と呼ばないで
20 女王様
19 こだわり?それとも…
18 無言くん
17 春だからお気をつけて
16 フェティシズム
15 チャットセックス
14 スキンシップ
13 テレフォンセックス
12 すずね、受難!
11 会いたいのに…(下)
10 会いたいのに…(上)
09 やきもち
08 特別扱い
07 「脱がない」ということ(下)
06 「脱がない」ということ(上)
05 話すということ

04

キャラ作り

03

客引き

02

客層

01

ライブチャット?
00 はじめに

第26話

騙されても…


突然だが、私の好きな映画にパトリス・ルコント監督の「仕立て屋の恋」というのがある。
その主人公が愛する女に騙されていたことを知って言うセリフ、「僕は君を恨んでいないよ。ただ、死ぬほど切ないだけだ」が泣かせる!
かなり好き嫌いが分かれる映画だとは思いますが、お暇なら見てください。


で、何でいきなりパトリス・ルコントかと言うと、今回のテーマが「騙し」であるから。
男と女の間では「騙された!」と感じるのもその人の主観によって違ってくると思うの。
例えばチャット嬢はお客さんを騙してるのかと言うと、自分ではそんな意識はあまりなかったりする。ただ相手に同調して気分よくなってもらってるだけ。
客観的に見たら好きでもない人を好きと言ってお金巻き上げてるんだけどね。
一方男性の方も、女の子のことをどんなに好きになっても相手が仕事でやってる以上「どこかに嘘があるのでは」と頭の片隅に疑いを抱いているはず。


かつての常連さんで、私が物書きになりたいことを知っていて、ペンネームまで知っている人がいるのだけど、彼はネットサーフィンをするうちにこのメルマガに気付いてしまったらしい。さすがにショックだったのでしょうか、以下のような読者メールをくださいました。
「僕も術中にはまった一人です。でも何も悔いはありません。一年前は(オンライン上で)たくさん会って話しできたんだから」


そこで冒頭のパトリス・ルコントを思い出したのです。
でも切なくなってしまったのは私の方でした。
お互いの認識はどうあれ、結果だけ見ると騙していたと言われてもしょうがない状況、それなのにバーチャルなネット空間の限られた範囲で液晶画面の私に会えたことをそこまで大事なものと思いなしてくれているのか、と。


別のお客さんで「お前になら騙されてもいい」と言ってくれた人だっていたけど、私は明らかにそんなご大層な女じゃない。
でも、男の人ってある程度「こいつにだったら騙されてやろう」と思って騙されてくれるところってあるのかもしれない。
「仕立て屋の恋」の主人公だって、恐らく騙されていることなんて最初から気付いていたのだろう。
もっとも、頭からコロっと騙されちゃう人だっているんでしょうけどね。

2004.09.01

坂井鈴音

チャットレディー“すずね”


 
たまごやの新着


創刊:2003.07.26

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや