ゆいこの事情 -河合優衣子-

会社という表社会で働く普通のOL。しかし週末は普通の女性が覗くはずもない裏社会でM嬢に変貌。現役OLと現役M嬢という二つの世界を同時に生きる「ゆいこ」ならではの視点で綴る「赤裸々東京生活」。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア

河合優衣子

マガジンの登録と解除

河合優衣子自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

12

デートクラブ(2)

11

デートクラブ(1)

10

性病注意報(2)

9

性病注意報(1)

8

初めての接客(4)

7

初めての接客(3)

6

初めての接客(2)

5

初めての接客(1)

4

プレイバックの中身

3

風俗の面接

2

プレイ実況:麻生さま(仮名)

1

入店講習

 
メルマガ登録・解除
 
 

第9回

性病注意報(1)


前号で初めてのお客様に、いきなり本番を切り出された話をしました。

事務所に戻ってどうだった?と聞かれた私はそのことを話しました。

すると、男性スタッフも
「しょうがねぇやつだなー」
とお客様リストに注意事項として記入していました。

もし次についた新人が断りきれなくて・・ということにならないように最初からこのお客様はそういうことがあるから、断るんだよと忠告することもできます。

本番をOKしてしまうと、お店にも女の子にも迷惑がかかります。
また自分も様々なリスクが高くなります。

かなさんが教えてくれたのですが、
  1. ひとりがOKすると他の子もいけるのではと勘違いされる
  2. 結果他の女の子も気まずい思いをする
  3. もし女の子がそのお客様から性病でももらってしまったら、他のお客様にも病気をうつしてしまうかもしれない
  4. そうなると店の信頼がガタ落ちである
  5. 病気の子は治るまで店に出られないので双方にとっても不利益である

ということなのでした。

なるほどなぁと納得しました。

他の店から移ってきた女の子に聞いたのですが、
その子がいた店では、一定期間に必ず性病検査を受けた結果をお店に出さないと仕事をさせてもらえないとのこと。
(たぶんソープ)

いつだったか待機部屋で”くらった”という言葉を耳にしたことがあります。
大目玉をくらった、とかそういう用法の”くらった”です。

さきちゃんだったか、「この前毛じらみくらってさーほんと最悪。治るまで働けなかったしぃーなかなかいなくならないんだよね」と。

あぁなるほど。
”くらった”=感染した、ということね。

それにしても毛じらみって本当にあるんだー!と私はびっくり。
昔の話だとばかり・・・

その話をしているとき私はパイパンだったので、
「私いま毛がないからその心配なーい」とか言ってボケてました。
するとさきちゃんは
「私も治療のために剃ったんで今ヒゲみたいでーす。」とのってきました。
剃るのが一番手っ取り早い、
剃りたくなかったけど仕方ないし、と。

そういう話も明るくあっけらかんと話します。
それくらいOL生活ではありえないことがよくある業界なのですね。

毎日お店に出ていれば当然出会うお客様の人数も多くなりますからリスクは高くなるわけです。

また、疲れて免疫が低下していれば感染しやすい。
M嬢は体力のいる仕事なのです。
次号へ

【関連記事】
[08]初めての接客(4)

2008.12.05


ちょっとマジメな風俗噺Part17



 

 

たまごやの新着


創刊:2008.09.24

更新:2008.12.30
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや