ちょっとマジメな風俗噺Part5 -藤山たまき-

風俗に足を踏み入れて早や2年。今まで感じてきたこと一人の風俗嬢の本音をぶりっこ営業なしで吐出します。風俗大好きな殿方には参考になるかも。風俗嬢としての私、一個人として興味を持ってくれると嬉しいです!

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

藤山たまき

マガジン発行履歴
藤山たまき自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

14 おもちゃ
13 風俗嬢の実際
12 影響を受けた人 その2
11 影響を受けた人
10 遅くなりましたがお返事。(2)
9 遅くなりましたがお返事。
8 他のお店一日体験「その二」
7 他のお店一日体験「その一」
6 性病
5 顔出し
4 お芝居
3 一日のお仕事実況生中継
2 恋愛
1 お付き合い

0

はじめに

第1話

お付き合い


こんにちは。藤山たまきです。今回は嬢とお客様の付き合い方について語りたいと思います。

嬢から言って一番接しやすいのは、遊びと割り切って会いに来てくれる方だと思います。すぐ外で会いたいだの、食事しながらゆっくり話したいだの言ってくるかたは、はっきり言ってうざい。

体が目的じゃないんだ、と言ってくださってもそんなことはどうでもいいんです。ただ何であなたのために私の時間を使わなければいけないのか、と言いたい。食事おごってあげるといわれても何の魅力もないんですよね。私だって食事する相手ぐらい自分で選びます。

かくいう私も店外デートしたことはあります。長い間私を指名してくださる方には、たまにはお付き合いします。でも私の中では仕事なんです。気を使わなくてもいいといわれても楽しませようとするし、割り勘にすることもあります。なんかおごって貰えるから付いてきましたーっていうのが嫌なので。

でも一度行くと、じゃあ次はあそこに行こうってなるんですよ。絶対。私はお客様の飲み友達ではないし恋人でもない。お客様はお客様で、一番嬉しいのはお店に遊びに来てくれて、しっかり出すもの出していってくれることです。

今までの話は私にとってその他大勢のお客様のことで、実際こっちが恋してしまうような素敵な人が来ることもあります。ここからは嬢によって様々だと思うので例えばこんなのもいるっていうくらいで読んで下さいね。

お店で出会ったのがきっかけで付き合ったお客様もいます。だって私が好きになったんですから。ただで本番できてうらやましいとか思わないで下さいね。そんなこと考えるような人とは付き合ってませんから。

私は普通の生活してますから付き合っても普通のカップルと変わりませんでした。ただね、セックスするのがこわいんですよ。いつ、どこから病気をもらう仕事かわかりませんから。クラミジアぐらいならひたすら謝ればどうにかなりますが、HIVをもし移してしまったらって考えるとこわい。じゃあ風俗やめろよってねぇ。それができないのがこの仕事の怖いところですね。

2003.08.29

藤山たまき

ちょっとマジメな風俗噺Part5



 

 

たまごやの新着


創刊:2003.07.31
訪問者数:カウンター
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや