ちゃんねる69 -深山サキ-

あなたは風俗嬢にどんなイメージを持ってますか?普通の女の子「深山サキ」がイメクラ、ヘルスで過ごしてきた2年半。お客と2人だけで繰り広げられる密室空間事情と風俗嬢としての日々の生活を辛口に暴露します。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

深山サキご案内

マガジンの登録と解除

深山サキ自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

36 感謝
35 辞めた日
34 転落
33 知らぬが仏
32 出会い系は自己責任#2
31 出会い系は自己責任#1
30 芸能事務所の会長
29 GIRLS
28 ガサが猛威を振るう
27 ちょこっと依存症
26 飲尿好き
25 「特別」だった男
24 雑誌の撮影へ
23 一回五万でやらせろ、という男
22 ヒモ男に惚れたわたし
21 恐怖体験#3
20 恐怖体験#2
19 恐怖体験
18 意識を高めよう#2
17 意識を高めよう#1
16 マニア系AV監督と会う
15 初のランキング登場で上位を獲得
14 風俗ってスゴイかも。
13 理想のリピーター
12 STOP!本番行為!!#2
11 STOP!本番行為!!#1
10 風俗嬢デビュー
9 講習#2
8 講習#1
7 風俗入学(写真撮影編)
6 ドキドキの面接#2
5 ドキドキの面接#1
4 初めての店選び
3 ワケ#2
2 ワケ#1

1

プロローグ

第25回

「特別」だった男


ストーカーの件ですっかり警戒していたわたしだが、風俗生活の中で唯一好きになった男がいた。当時35歳、妻子ありのサラリーマンである。初めて対面した時、その男の雰囲気に圧倒された。まさに運命的だったと思う。

男は月に一度通ってきてくれた。初めて来店してから三ヵ月後、男から「店外デート」の誘いを受けた。正直恐怖体験がトラウマとなっていたわたしは一瞬躊躇した。どうしようか。断ろうか。でも何か好き。わたしはあっけなく首を縦に振った。

そして一週間後、外で男と会った。わたしのためにすでに店を取って置いてくれていると言う。わたしはそう言った気の使いようにとことん弱い。おまけにわたしにプレゼントを持ってきてくれた。わたしたちの間にはすでに、以前から付き合いのあるような自然なラフさがあった。お互い、初対面の時の感想などを語った。どうやら男は、偶然ぷらっと入ったわたしの店で、わたしの写真を見て一発で気に入り指名したらしい。よく言えば、お互い一目惚れをしたのだ。もし男が違う店に入っていたらわたしたちはたぶん出会っていなかった、と思う。

男とはその日の夜、ラブホテルでセックスをした。それによって更にわたしは男への恋心を募らせた。男と会った翌日は仕事に身が入らなく、常にぼおっとした意識が続いた。他の男の体を舐めているぐらいだったら、今すぐにでも男に会いたい、と強く思っていた。

男と会う頻度は、大体月一回。多い時で二回。出張を理由に、わたしと一晩過ごした事もある。そのスリルもわたしを刺激してくれたのかもしれない。もちろん奥さんに悪いなどとは一切思った事はない。
なぜなら、男は奥さんや子供たちのことをすごく愛しているからだ。

男との付き合いは半年間続いた。周りの友達に軽蔑されながらもわたしは男と会うのを辞められなかった。色んな物をご馳走してくれたし、買ってもくれた。それはすごく嬉しい事だった。でも次第に、何だか自分が虚しくなってきたのだ。わたしは男と援助交際をしていたつもりはない。だから男から離れた。わたしにはこれしかできなかった。

2005.12.12

楽天で「援助交際」を探す

深山サキ

ちゃんねる69|深山サキ



 

 

たまごやの新着


創刊:2005.01.14

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや