ちゃんねる69 -深山サキ-

あなたは風俗嬢にどんなイメージを持ってますか?普通の女の子「深山サキ」がイメクラ、ヘルスで過ごしてきた2年半。お客と2人だけで繰り広げられる密室空間事情と風俗嬢としての日々の生活を辛口に暴露します。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

深山サキご案内

マガジンの登録と解除

深山サキ自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

36 感謝
35 辞めた日
34 転落
33 知らぬが仏
32 出会い系は自己責任#2
31 出会い系は自己責任#1
30 芸能事務所の会長
29 GIRLS
28 ガサが猛威を振るう
27 ちょこっと依存症
26 飲尿好き
25 「特別」だった男
24 雑誌の撮影へ
23 一回五万でやらせろ、という男
22 ヒモ男に惚れたわたし
21 恐怖体験#3
20 恐怖体験#2
19 恐怖体験
18 意識を高めよう#2
17 意識を高めよう#1
16 マニア系AV監督と会う
15 初のランキング登場で上位を獲得
14 風俗ってスゴイかも。
13 理想のリピーター
12 STOP!本番行為!!#2
11 STOP!本番行為!!#1
10 風俗嬢デビュー
9 講習#2
8 講習#1
7 風俗入学(写真撮影編)
6 ドキドキの面接#2
5 ドキドキの面接#1
4 初めての店選び
3 ワケ#2
2 ワケ#1

1

プロローグ

第4回

初めての店選び


 風俗の仕事をするまで、"スカウト"という手段があることを知らなかった。その言葉はどうしても芸能関係というイメージがあり、自分には縁のないことだと思っていた。確かに、街中を歩いていると声をかけられることがあった。でもそれは"キャッチ"だと思っていた。悪徳商法みたいな、金をボッタクる人たちだと思っていたのだ。たいてい"スカウト"マンと"キャッチ"のおにいさんは、同じ格好をしている。見分けが付かない。

そんな、何も知識がなかったわたしが風俗店を探す手段は、高収入アルバイト雑誌だった。本屋でこっそりと分厚い雑誌を手に取り、立ち読みをする。エリア分けされ、色んな業種の仕事の募集が出ていた。変な店名ばかりだ。自分の中で、"良い店"とは「広告が大きい」という固定観念があった。そして数種類出ている雑誌、全てに出ている店は繁盛している、という基準で店選びをした。

わたしが選んだ条件の店は、まず、「未経験者大歓迎」、「ソフトサービス」そして「学園系」。なぜ学園系かと言えば、単純にセーラー服が着たかったからという理由である。中学時代はブレザーのダサい制服だったし、高校時代は私服だったので、一度もセーラー服を着たことがなかったのだ。一生で一度はセーラー服という"ブランド"を着てみたかった。女の子だったらきっと誰もが着てみたいと思うだろう。

あとはわたし自身が大人っぽくないからという理由もある。お姉さん系やギャル系ばかりがいる店に入っても、きっとわたしはお客さんから指名されないだろう。店によっては不採用になると思う。だったら学生服が似合う女の子ばかりがいる店に行ったほうが無難だろうと思ったのである。

サービス面でも店によってはだいぶシステムが違う。最もわかりやすく言えば、"完全ゴムフェラ"か、"ゴム着用OK"という差である。前者の方は、基本的にゴムをつけてサービスをする。もし"生"がいいお客さんは、お金を払ってオプションというのを付けなければならない。勿論その分のお金は、全額女の子のものになる。後者の方は、"生"でも追加料金が取られない。よって、女の子の懐にも入らないのである。

2005.02.27

深山サキ

ちゃんねる69|深山サキ



 

 

たまごやの新着


創刊:2005.01.14

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや