ちゃんねる69 -深山サキ-

あなたは風俗嬢にどんなイメージを持ってますか?普通の女の子「深山サキ」がイメクラ、ヘルスで過ごしてきた2年半。お客と2人だけで繰り広げられる密室空間事情と風俗嬢としての日々の生活を辛口に暴露します。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

深山サキご案内

マガジンの登録と解除

深山サキ自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

36 感謝
35 辞めた日
34 転落
33 知らぬが仏
32 出会い系は自己責任#2
31 出会い系は自己責任#1
30 芸能事務所の会長
29 GIRLS
28 ガサが猛威を振るう
27 ちょこっと依存症
26 飲尿好き
25 「特別」だった男
24 雑誌の撮影へ
23 一回五万でやらせろ、という男
22 ヒモ男に惚れたわたし
21 恐怖体験#3
20 恐怖体験#2
19 恐怖体験
18 意識を高めよう#2
17 意識を高めよう#1
16 マニア系AV監督と会う
15 初のランキング登場で上位を獲得
14 風俗ってスゴイかも。
13 理想のリピーター
12 STOP!本番行為!!#2
11 STOP!本番行為!!#1
10 風俗嬢デビュー
9 講習#2
8 講習#1
7 風俗入学(写真撮影編)
6 ドキドキの面接#2
5 ドキドキの面接#1
4 初めての店選び
3 ワケ#2
2 ワケ#1

1

プロローグ

第2回

ワケ#1


 風俗の仕事をしようと思った理由はいくつかあるのだが、「失恋」が根本的な理由である。その相手とは付き合っていたわけではなく、ただ単にわたしの片思いだった。だからと言って、自分の気持ちを伝えたわけでもない。わたしとその相手にあったことといえば、セックスだけだった。本当にそれしかなかった。

 今までの人生の中で一番好きな男であった。それは今も変わらない。わたしのことが好きと言ってくれて、わたしもそれなりに好きになって付き合った男はいる。だけど、どこか冷めている。理屈ばかり並べて、時には「わたしはこの人のここが好きなんだ」と、無理矢理自分に言い聞かせてきた。もちろんそんな関係など長く続くはずはない。それは自分に原因があるのだとはわかっていても、どうしようもない。「燃えない」のだから。

 その男は、わたしが当時アルバイトとして働いていた会社の営業マンだった。わたしよりも6つ年上である。大勢いた営業マンの中で、最初に仲良くなった人である。人見知りが激しい性格な為なかなか環境に溶け込めずにいたわたしに、男は気さくに声をかけてくれて笑わせてくれたりもした。次第にわたしは彼のことが好きだという確信を抱き始めていく。会社に行くのが楽しみで、毎日ドキドキしていた。朝、出勤して必ず彼の姿を確認する。いると、心底ほっとする。いない時は一日にハリがなくなり、一日はすでに終わったも同然だった。

 男とセックスをするようになったのはその半年後だった。それまで何度か誘われたり、自宅へ行ったことがある程度だったが、セックスまでは及ばなかった。というより、わたしの方が拒否していたのだ。なぜなら、わたしはそれまで男性経験が少なく、セックスに対して多少なりとも恐怖心を抱えていたからである。その反面、男とセックスできなかった自分を責めた。それによって男と距離ができてしまったのだ。わたしはすごく寂しくて、毎日のように泣いていた。それと同時に寂しさを埋めるために、何人かの男とセックスをした。ヤケクソだった。矛盾しているのだが、わたしはきっと男に対して格好つけたかったのかもしれない。

2005.01.29

深山サキ

ちゃんねる69|深山サキ



 

 

たまごやの新着


創刊:2005.01.14

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや