ちょっとマジメな風俗噺Part2 -春間玲花-

昼はOL、夜は風俗嬢というふたつの顔をもつ春間玲花が経験した色々な出来事、出会った人達、感じたことなどを中心に語ります。クタクタに疲れているときでもリラックスして読める温かいメルマガを目指します。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

春間玲花

マガジン発行履歴
春間玲花自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

12 最後の言葉
11 心の傷
10 ○○ハイツ
9 風俗嬢の鏡
8 風俗嬢の恋愛
7 プライベート
6 すごい家
5 チェンジ
4 2つの顔
3 出張型の真実
2 DC嬢
1 突然の決意

第1回

突然の決意


その時の私は、別になげやりになっていた訳でも、何かに追われていたわけでもなく、特にいつもと違う状態にあったかというと、そうではなかったと、思う。

昔から、今自分のいる所とは全くかけ離れた世界に異常なほど興味があった。元々うちは放任主義で性に関してもオープンだったため、そういうことに関する知識は小学校低学年の時点でかなり蓄積されていた。友達にあれやこれや聞かれて答えられなかったことはなかったように思う。おかげで(?)実践あるのみをモットーとする私は、若いうちにずいぶんいろいろな「経験」をしてしまったのである。

そうして私の興味はいつからか風俗の世界に移っていった。大学に入ると、吉原遊郭に関する本を買いあさって調べたり、ホテルでHなビデオをまじまじと見て分析したり、とにかく風俗とはなんぞやの答えを探し続けていた。

普通の女の子なら、自分の彼氏が風俗に行った事があると知れば、たちまち「私がいるのにどうしてよ〜」と目を吊り上げてキーキー言うのだろうが、私にはそういう感覚はなかったし、むしろ男の人はみんな風俗に行くものだと思っていた。第一、新宿の歌舞伎町だけでもあれだけの風俗店がひしめいていて、その中にはたくさんの風俗嬢とたくさんのお客さんが毎日毎日あれやこれや楽しんで、時にはものすごいことをしちゃったりしているのだ。

それでも私は、自分が風俗嬢になるとは全く思っていなかった。

その時の感覚は、本当に今でも説明がつかない。あるとき突然、自分にもできるかもしれないと思ったのだ。この世界を確実に知るには自分が風俗嬢になるのが最善の方法で、そして、やるならやっぱり若いうち(20代前半)しかないと。けれど、そこからがいつもの私とは違った。いつもなら、思いついたらすぐに実行してしまうのだけれど、こればっかりは時間がかかった。まず風俗にはどんな種類があるのか、風俗嬢は何を考えながら仕事をしているのか、実際は何が行われているのか、今までは単なる興味だったけれど、そのとき私ははじめて、「自分が働く」ということを前提に調べたのだ。そして、ある事務所に電話をかけたのは、それから約1ヶ月後だった。

2002.06.19

春間玲花



ちょっとマジメな風俗噺Part2|春間玲花



 

 

たまごやの新着


創刊:2002.06.15
訪問者数:
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや