ちょっとマジメな風俗噺Part2 -春間玲花-

昼はOL、夜は風俗嬢というふたつの顔をもつ春間玲花が経験した色々な出来事、出会った人達、感じたことなどを中心に語ります。クタクタに疲れているときでもリラックスして読める温かいメルマガを目指します。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

春間玲花

マガジン発行履歴
春間玲花自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

12 最後の言葉
11 心の傷
10 ○○ハイツ
9 風俗嬢の鏡
8 風俗嬢の恋愛
7 プライベート
6 すごい家
5 チェンジ
4 2つの顔
3 出張型の真実
2 DC嬢
1 突然の決意

第8回

風俗嬢の恋愛


風俗嬢も人間なので、ふつうに人を好きになるし恋愛もする。ただ私が自分にはできないなと思うのが、ちゃんとした彼氏がいながら風俗嬢をすることだ。ひたすら彼氏に隠しながら仕事をしている子、彼氏公認の子、いろいろなパターンがあるとは思うけど、いくら仕事とはいえ愛する人がいるのにほかの男の人と…というのは、私には、あくまでも私にはだけど、不可能である。

DC嬢をはじめたとき、私は、大好きな人と別れた直後だった。それがきっかけで始めたわけではないけれど、原因のひとつになっていることは否定できない。私はその時、確かにものすごく寂しかった。私の方から死ぬ思いで関係を断ち切るしか終わらせる方法のないような恋愛だったからだ。相手のことを嫌いになったわけではないのに、大好きなのに、自分から別れなければいけないこともある。そして、そんな終わらせ方は精神をとてつもなくむしばんでしまう。

そうして私は、気付けばOLでありながらDC嬢という、テーマだけで中身は安っぽかったりする映画みたいな生活を始めてしまったのである。もともと私はDC嬢を長く続けるつもりはない。だから、DC嬢をしている間は好きな人はつくらないようにしようと決意していた。けれど、かなりタイプのお客さんに帰るとき優しく抱きしめられて「がんばるんだよ」なんて言われたら、私も女なのでグラっときてしまうこともある。けれどそこで個人的な連絡方法を教えたりすることはない。風俗嬢とお客さんの関係というのは決して確実なものではなく、どこかあやふやでちょっとタイミングを逃したらまったく違うところへ流れていってしまうような、そんなものだと思っているから。

「水商売」「遊び」というのは、みんなそんなものではないのかな。だからそこに確かなものを求めようとすると、どこかにちょっとまたは大きく無理が生じて、思うような結果に結びつかないような気がする。でもそれがときどきとてもせつなくて、すべてのことが悲しくなってしまったりするのだけれど。

2002.09.26

春間玲花



ちょっとマジメな風俗噺Part2|春間玲花



 

 

たまごやの新着


創刊:2002.06.15
訪問者数:
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや