ちょっとマジメな風俗噺Part2 -春間玲花-

昼はOL、夜は風俗嬢というふたつの顔をもつ春間玲花が経験した色々な出来事、出会った人達、感じたことなどを中心に語ります。クタクタに疲れているときでもリラックスして読める温かいメルマガを目指します。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

春間玲花

マガジン発行履歴
春間玲花自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

12 最後の言葉
11 心の傷
10 ○○ハイツ
9 風俗嬢の鏡
8 風俗嬢の恋愛
7 プライベート
6 すごい家
5 チェンジ
4 2つの顔
3 出張型の真実
2 DC嬢
1 突然の決意

第4回

2つの顔


私は昼間ふつうに働いているOLなので、DC嬢として働くのは主に週末である。でも、お客さんから事務所に「どうしても」という指名の電話があったりした場合、平日に出ることもけっこうある。

けれど問題なのが次の日の朝。仕事が1本で終わればいいけど、だいたい「もう1本行ける?」とか言われてしまう。私もそこで断ればいいのに、今私が断ったらスタッフが余計な苦労をするんだろうなあ、と思うと受けてしまう…・。すると帰りは夜中の3時頃になり、結局睡眠時間は2時間くらいしか取れずフラフラで会社に行くことになってしまうのである。

ふだん7時間以上きっちり寝ないとだめな私にとって、これはかなりつらい。午後強烈な眠気に襲われて何も手につかなくなる。そうなるともう仕方ないので私は席を立ち、無意味に階段を上ったり降りたりして眠気を飛ばすしかない。

昼の顔でいるときに、突然夜の自分の姿が思い浮かんでくることがある。会社で打ち合わせをしているとき、洋服を選びながら店員さんと話しているとき、ネイルサロンにいるとき、美容室にいるとき、区役所に行ったとき・・・など。誰かと接しているときが多い。そして、そういうときに決まってセットで頭の中を回るのは、なぜか自分を卑下するような言葉だ。

「今あなたと笑って話している私は、実はお金で体を売る風俗嬢なんですよ」

そういう状態になると私はなんだかいたたまれない気持ちになって、一生懸命それを振払おうとする。

私は、昼はOL、夜はDC嬢という今の自分の状態を、きっと自分の中で消化しきれていないのだろう。だからいつも消化不良のなにかが体の中で私を中途半端に苦しめる。

それでも私は昼の仕事をやめるつもりはない。完全な風俗嬢になることには、やっぱりまだまだ抵抗があるのが事実。うまく説明できないのだけれど、今の私は2つの顔を持つことによって精神のバランスを保っている、そんな感じなのかもしれない。

2002.07.31

春間玲花



ちょっとマジメな風俗噺Part2|春間玲花



 

 

たまごやの新着


創刊:2002.06.15
訪問者数:
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや