まどかの風俗体験記 -大内まどか-

普通のバイト経験しかなかった普通の少女がどうして風俗という道に入ったのか?風俗業4年間に経験したヘルス、おっぱいパブ、デリヘル、ソープ等の諸事情を激白。出会った人々の人情話も交えて大内まどかが語ります。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

大内まどかご案内

マガジンの登録と解除

大内まどか自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

11

本音の本音

10

デリヘルの客

9

金への執着・男への不信感・まどかの生い立ち

8

デリヘル

7

おっぱいパブ

6

本番ガール コンちゃん

5

女の子通信簿

4

待機場のみんな

3

初めての仕事

2

講習

1

風俗ハジメ

第2回

講習


いよいよ実践だ。相手は店長。まずは大体の説明(シャワーの使い方、プレイ終了時間5分前にタイマーをかけて、シャワーでまた客の体を洗い、客が準備できたらフロントに電話。出てもいいと言われたら手を繋いで出口まで誘導・・・お見送り。その間際にフレンチキス等すると次の指名に繋がる効果大・・・などなど。)私は、次にくる裸の講習の方で頭がいっぱいでただぼんやりと聞いていた様な気がする。そんな説明も終わり、いよいよ体の講習が始まった。

店長「じゃ、まず脱いで。」

二人とも裸になり、店長が客役で講習が始まった。まずは店長の体を洗う。その時、グリンスというものでチンチンと玉、尻だけを洗う。グリンスをつけて痛がったりする客は性病の可能性があるので、性病チェックみたいなものだという。次に、イソジンでお互いうがい。やっとプレイに入る。始めはキス。それからチンチン以外の体全体を舐めたりキスしたりする。これが全身リップというやつ。そしてフェラ。あとは客が下、女の子が上になり、互いに舐めたりする。これが69。(男女逆の場合もあるらしいが初級編なので・・・)

そして客役の店長が取り出したのはローション。(やたら粘度の濃い透明の蜂蜜みたいなやつ。)これをお湯で少し溶いて客のチンチンにつける。そこに自分の股をこすりつける。手を使いながらでもいいから入れてると錯覚させる感じで・・・。と店長は言っていた。

これが素股ってやつだ。大体の客はこれでイクか、一通り終わった後のフェラでイク、ケースが多いらしい。アンケートに書いてあった前立腺マッサージとかAFはとりあえず今のとこはまだ覚えなくていいと言われた。これで私の講習は終わった訳だが、本当の客がこんなにもすぐ現れるとは思っていなかった。

2005.03.27

大内まどか

まどかの風俗体験記



 

 

たまごやの新着


創刊:2005.03.16

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや