私は買われたい女2 -河野美雨-

信頼できる旦那と可愛い我が子。このままでも十分幸せなはずの河野美雨が風俗嬢になって名古屋に戻ってきた!家庭で見せる妻の顔と、店で見せる風俗嬢の顔。包み隠さずお見せします。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

河野美雨

マガジン発行履歴
河野美雨自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

28

コスチューム!

27

風俗嬢養成講座その4

26

風俗嬢養成講座その3

25

風俗嬢養成講座その2

24

風俗嬢養成講座その1

23

行きたくない病

22

源氏名

21

尊敬される風俗嬢

20

ヘルスでセックス

19

理想の職場

18

NG指定

17

AVを鵜呑みにする男

16

名刺の秘密

15

ビバ差し入れ!

14

辞めさせられる風俗嬢(2)

13

辞めさせられる風俗嬢(1)

12

ついついやってしまうこと

11

マニュアル

10

待機室の悪魔

9

説教男

8

旦那、風俗に懲りる

7

いじめたくなる顔、河野美雨

6

ナンバーワンに騙されるな!

5

ホントの人妻、ウソの人妻

4

写真写りが悪いんです

3

メル友はいりません

2

風俗嬢、旦那にばれる!

1

人妻風俗嬢、河野美雨、復活!


私は買われたい女Part1

第18回

NG指定


この間、店に行ったら、フロントに見慣れないポラロイド写真が貼ってあった。
写っていたのは、無精ひげで仏頂面した男が一人。
ピンときた。あぁ、こいつはNG指定になった奴なんだと。

NG指定になる人は、大概本番強要。もしくは乱暴すぎる行為。
女の子の度重なる忠告も聞かず続ける奴は、大体フロントにコールがいく。
そしたら、フロントのボーイなり店長なりがすぐにやって来る。
厳重注意だけで終わる奴が一番多いらしい。
いくら注意だけで終わるといっても、よっぽど図太い神経の持ち主でない限り、また同じ女の子に入るとは到底思えないし、店の人間だって「あ、あいつこの間注意したオヤジだよ」と気づいたりするのだから、ノコノコと店に足を運ぶ奴も、そういないと思われる。
中には罰金取られたり、警察に突き出される奴もいると聞く。
大の大人が、下半身まるだしで男に注意されている姿を想像してほしい。
情けなさ過ぎて涙も出ない。
女の子の商売道具に傷つける行為をする奴は、NGになったって文句は言えない。

体の傷はいつかは癒えるし(中には癒えない傷もあるけどね)、ほらこんなにされました!って訴える事も出来るんだけど、難しいのは心の問題だ。
私はよっぽどの事がない限り、NG指定にはしないようにしているんだけど、この間どうしても我慢できなくて、NG指定にした人がいる。

彼は30代後半の独身で、風俗客によくありがちな、もてない男の典型のルックスと性格の持ち主だった。
彼は私の事をとても気に入ってくださって、月に一回か二回、必ず来るようになった。

本番強要は一切ない。受身は下手っくそで痛いだけだったけど、それもまぁ、客にはありがちだし。
でも、彼は人一倍ロマンチストで、感情のコントロールが出来ない人だった。
私と完璧に両思いだと思っていた。
私のパソコンのメール受信ボックスはいつも彼からのメールで満杯になり、返信内容に頭を抱える日々も多くなった。
いちおう、客からのメールの返信には、そのメールの分量くらいの文字数で返信する。

というのは私のポリシーなのだが、それにしても論文なみのメールにはほとほと困りはてた。
彼は私を、自分の物のように扱う。
店で着ている制服を着てみたり(これ本当に気持ち悪い)、化粧している私の顔にベタベタ触れたり、髪の毛をくしゃくしゃになでてみたり、普通のカップルの間だったら「もーやだーやめてよー」で済まされる事も、相手が客だとなかなか言えない。
そのうち、私の他の指名客の事まで詳しく聞きたがるようになった。
ピアスホールを破壊された時、もうだめだと思った。
高校卒業してやっと開けたピアスホール。勢いあまって私を抱きしめた彼の指がピアスにひっかかり、パチンと音がしてピアスが落ち、耳たぶが裂けた。
幸い傷みはなかったけど、私の耳たぶは裂けたままだ。

そんな事があってから、私は店を休みがちになるようになる。
さぼり癖はあまりないはずだった私だが、彼がいつ来るか分からない状態で店に行くのは恐怖だったのだ。
このままでは仕事が出来ない。悩みに悩んで店舗を取り仕切るエリアマネージャーに事情を話し、なんとかその客をNG指定にしてもらい、私は店に復帰することができた。
単純に性的サービスを提供する場であっても、売っているのはやはりそれだけではない。

風俗って難しい。私はまた考えさせられる日々を送っている。

2006.05.12
シルバーとジルコニア、パールのピアス(1)
楽天で「ピアス」を探す


河野美雨

私は買われたい女2|河野美雨


 

たまごやの新着


創刊:2005.08.25

更新:2008.09.20
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや