私は買われたい女2 -河野美雨-

信頼できる旦那と可愛い我が子。このままでも十分幸せなはずの河野美雨が風俗嬢になって名古屋に戻ってきた!家庭で見せる妻の顔と、店で見せる風俗嬢の顔。包み隠さずお見せします。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

河野美雨

マガジン発行履歴
河野美雨自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

28

コスチューム!

27

風俗嬢養成講座その4

26

風俗嬢養成講座その3

25

風俗嬢養成講座その2

24

風俗嬢養成講座その1

23

行きたくない病

22

源氏名

21

尊敬される風俗嬢

20

ヘルスでセックス

19

理想の職場

18

NG指定

17

AVを鵜呑みにする男

16

名刺の秘密

15

ビバ差し入れ!

14

辞めさせられる風俗嬢(2)

13

辞めさせられる風俗嬢(1)

12

ついついやってしまうこと

11

マニュアル

10

待機室の悪魔

9

説教男

8

旦那、風俗に懲りる

7

いじめたくなる顔、河野美雨

6

ナンバーワンに騙されるな!

5

ホントの人妻、ウソの人妻

4

写真写りが悪いんです

3

メル友はいりません

2

風俗嬢、旦那にばれる!

1

人妻風俗嬢、河野美雨、復活!


私は買われたい女Part1

第10回

待機室の悪魔


待機室で仲の好かった3人が、そろって店をやめた。
いや、正確には辞めさせられた、らしい。
どうしてそんなことになったのか、詳しくは知らないが、どうやら変な噂を流したと、濡れ衣を着せられた様だ。

変な噂を流した張本人の黒幕女は、昔からいる子で、店長にちょっかいをかけられたいが為に店に来ている様な子だ。
なので、新人が入ると何かしら問題を起こしているらしい。
店長が自分以外の子に目をかけるのが気に入らないというアホ女である。
私は個室待機が割と多いため、運よくこの女に会ったことは一度しかない。
そのたった一度、数十秒会っただけで、待機室では、 「美雨ちゃんて子、なんかツンツンしてて、気取ってる。 性格悪いみたいだよーこわーい」
なんて、言っていたらしい。
おい。お前とは挨拶しかしたことないぞ。
それで人様の性格を決め付けるとは何事だ。

この女、何気に指名が多いため、店も首を切るに切れない様だ。
それを彼女も知っているのである。
知っているから、あからさまに手を汚すことなく、他の女の子を陥れるようなことばかりするのである。
非常に質の悪い困ったちゃんである。

これが普通の飲食店みたいなチームワークが重要となる職場では、チームワークの和を乱す、みたいな理由で、他の女の子から総すかんくらって、辞めさせることもできるんだろうな。
ところが、風俗では女の子同士の仲良しこよしのチームワークなんて、全く必要としないので、時には何も悪いことなどしていない子が、こうして辞めさせられるという、理不尽な結果になってしまうのだ。
腹が立ってしょうがない。
腹を決めて風俗で働いている以上、みんなそれぞれ、お金に困っている子ばかりなのだ。
それを「気に入らない」とかいうしょうもない理由で、辞めさせる権利なんて誰にもあるはずがないだろう。

どの世界でもこういう女の子っているけど、こういう子って、本当に世渡りがうまいの。
私が、いつその子の手中にはまって痛い目見るか分からない。
ひたすら静かに、そしてできればずっと個室で誰とも関わらず、ひっそりと仕事をしているのが一番いいんだろうけど。
個室に閉じ込められて愚痴も言えないのって正直つらいよ。
ただでさえ、風俗業なんて一般の子になんて言えないのに。

そういうはけ口のためにも待機室って必要だと思うのね。
なのに、その待機室がこんなんじゃ、仕事する気も失せてしまう。困ったものだ。

2006.01.07


河野美雨

私は買われたい女2|河野美雨


 

たまごやの新着


創刊:2005.08.25

更新:2008.09.20
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや