私は買われたい女 -河野美雨-

成績優秀。頭脳明晰。家族とも仲がよく信頼できる彼氏もいる普通の少女が選んだ仕事はよりによって風俗だった。「買われたい女」河野美雨が風俗嬢として働く名古屋から送る風俗嬢生態記録。時に笑えて時に泣けます。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

河野美雨

マガジン発行履歴
河野美雨自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

22 いつまでやるのと言われても
21 デリバリーの特典
20 自分に合った店を選ぶ
19 包茎君、いらっしゃい
18 風俗嬢の性の講義
17 愛しのセックスフレンド
16 痴漢プレイ
15 河野美雨のセックスライフ
14 知らぬが仏?系列店の罠
13 お前風俗嬢だろ
12 若いって素晴らしい!!
11 バレないようにやりなさい
10 貯金する風俗嬢
9 彼について
8 悩み多き風俗嬢
7 母について
6 好きな男は好きな客じゃない
5 清潔第一
4 勘違い君
3 苦手なんです、営業
2 風俗嬢になろうと思ったわけ
1 報告
0 私は名古屋の風俗嬢

第14話

知らぬが仏?系列店の罠


今日は出勤、という日の朝。化粧はしたのだが、なんだかとても体がダルい、気がする。あと10分で家を出ないと間に合わない、というギリギリの時間なのに、どうにも体が動かないのだ。それなら仮病でも使って「休みます」と一言電話でも入れればすむ話なのだが、私は電話をすることができなかった。実際、店の人から電話がかかってきても、電話に出られなかったのだ。

生理休暇を長く取り過ぎたせいもある。私はあっさりと店からフェイドアウトしてしまった。といっても、働かなければお金は手元に入ってこない。雨の中本屋で求人誌を買いに行った。こうやって次働く店を探す瞬間が一番ワクワクする。やっぱり私は飽き性なのか。

一回働いたデリバリーはなかなか面白く、そのシステムも慣れてしまえば楽勝だ。(最も、慣れてしまって飽きて店を辞めたような気もしないでもないが)一件よさそうなデリバリーの店を見つけて、早速電話。面接に向かった。近所の喫茶店に入ってオプションとかの説明を聞いていながら、なんだか違和感。話の内容や、バック料金などが、なんだか前働いていた店とカブるのだ。これは気のせいなのか。

デリバリーは、写真で女の子を選ぶ店は少ない。よって雑誌に出てた子のフリをして働く事も可能な、女の子にとっては効率よく働けて、客には騙しちゃってごめんなさい的なシステムの店である。面接の男の人は、ニコニコしながら言った。「うちの店は○○の店舗の管轄だからさ、向こうの客もこっちに回せるから稼げると思うよ」

がーん。やっぱりそうだったのか。前働いていた店と今面接してる店は同じ管轄だったのか……。名前が違ったせいですっかり騙されてしまった私は思わず絶句。円満退職したのならまだしも、いきなり飛んで、しかもその日に面接をしていたのがバレたらどうなるんだろう。

「じ、実はそのお店に面接行ったことがあるんですよ、私。会ったりしないですかねぇ?」デリバリーは初めてだと言ってしまった為、今更働いていたんです、なんて言えない私だった。「あー大丈夫ですよ。そっちのお店の人間とは全く会わないし、管理も店舗ごとですから」助かった。今回の店は自宅待機ができるし、なるべく事務所の人間と顔を合わせないようにすりゃ大丈夫かもしれん。

風俗の店って名前は全く違ってもこうやって密かに繋がりがあるから怖いですねー。よっぽど嫌な事がない限り、あちこちウロウロしないほうが賢明です。私みたいに刺激を求めてウロウロするなんてもってのほかですわ。一度でいいから相性の合う店に操たてて、長くお付き合いしたいものです。無理なんだけどね。

2004.03.21


《河野美雨へ一問一答》

> 一ヶ月最高稼いだときはいくらでしたか?

いくらだろう??多分100万くらいだと思う。数えてないから分かりませんが。もちろんそのお金は今はありません。洋服代に消えました。あははっ!

<つづく>


河野美雨



私は買われたい女|河野美雨



 

たまごやの新着


創刊:2003.08.20

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや