私は買われたい女 -河野美雨-

成績優秀。頭脳明晰。家族とも仲がよく信頼できる彼氏もいる普通の少女が選んだ仕事はよりによって風俗だった。「買われたい女」河野美雨が風俗嬢として働く名古屋から送る風俗嬢生態記録。時に笑えて時に泣けます。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

河野美雨

マガジン発行履歴
河野美雨自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

22 いつまでやるのと言われても
21 デリバリーの特典
20 自分に合った店を選ぶ
19 包茎君、いらっしゃい
18 風俗嬢の性の講義
17 愛しのセックスフレンド
16 痴漢プレイ
15 河野美雨のセックスライフ
14 知らぬが仏?系列店の罠
13 お前風俗嬢だろ
12 若いって素晴らしい!!
11 バレないようにやりなさい
10 貯金する風俗嬢
9 彼について
8 悩み多き風俗嬢
7 母について
6 好きな男は好きな客じゃない
5 清潔第一
4 勘違い君
3 苦手なんです、営業
2 風俗嬢になろうと思ったわけ
1 報告
0 私は名古屋の風俗嬢

第10話

貯金する風俗嬢


これといった趣味はないが、あてもなくブラブラとショッピング街を歩くのが好きだ。いつも見るショップを覗いたらたまたま新作が入っていたりすると、ラッキーな気分になる。プライスタグを見て、「どちみち明日仕事すればお金入るしなぁ」と財布を開かず直決で即買い。

最近はアホみたいに衝動買いをすることは滅多にないが、それでも仕事が軌道にのりだして、生理休暇もまだまだ先・・・という時には思わず。日払いで、しかも万単位で金が手に入る仕事は、多かれ少なかれ私達の金銭感覚を狂わせる。

「どうせ明日になったらお金入るし」

本当はそれってすっごく危険な考え方だと思うんだ。だって今日の夜病気になって当分の間仕事に出れないかもしれないし、店ごと摘発されていきなり職場を失うかもしれないし、どんな理由で「明日手に入るべきお金」が手に入らないか分からないじゃないか。日払いで銭を稼いでる私達風俗嬢に、「安定した給料」なんてものは発生しないのだ。しょうがない。

そんな一番危険な仕事に従事している私達が、お金に対して一番享楽的な気がする。よっぽどしっかりした大きな目標がある女の子でない限り、コツコツ貯金して備えておく女の子にお会いしたことなんてないし、お金が第一の目的でない私にしたって、その金銭感覚は周りの子達とやっぱりずれている、気がする。後先考えずに多額の買い物をすることだってあるし、少しの距離でもタクシーを使うし。いや、さっきも言ったように後々後悔したくはないし最近はセーブしてるのですよ。でもなぁ、やっぱ明日働けば・・・なんて考えは同道巡りだ。

そんな私の最近の衝動買いを防ぐ作戦として、「2万円作戦」がある。財布の中身を常に2万円にしておくのだ。それ以上のお金は貯金。そんな面倒なことよくできるなぁと思うかもしれんが、仕事帰りにATMに寄ることを習慣づけてしまえば割と簡単だ。単純だが、カード清算を滅多にしない私にとってこの作戦はかなり効果覿面。だってこれ買おうかなぁと思っても現金がないのだから買うことができないのだ。

これでコツコツ貯金ができたら、そりゃもう大喜びである。仕事が終わったら、まっすぐATMに貯金。それから帰宅。いやー、なんて真面目な風俗嬢なんでしょうか。風俗という、大好きなこの仕事。「お金のために今日もお仕事頑張ります」ということには絶対になりたくない。私の風俗嬢としてのせめてものプライドだ。

2004.01.20


《河野美雨へ一問一答》

> 風俗は世の中に必要だと思いますか?

必要だと思う。だって、なかったら私の生き甲斐がなくなってしまうではないですか。もはや風俗は趣味みたいなものなので。

<つづく>


河野美雨



私は買われたい女|河野美雨



 

たまごやの新着


創刊:2003.08.20

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや