私は買われたい女 -河野美雨-

成績優秀。頭脳明晰。家族とも仲がよく信頼できる彼氏もいる普通の少女が選んだ仕事はよりによって風俗だった。「買われたい女」河野美雨が風俗嬢として働く名古屋から送る風俗嬢生態記録。時に笑えて時に泣けます。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

河野美雨

マガジン発行履歴
河野美雨自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

22 いつまでやるのと言われても
21 デリバリーの特典
20 自分に合った店を選ぶ
19 包茎君、いらっしゃい
18 風俗嬢の性の講義
17 愛しのセックスフレンド
16 痴漢プレイ
15 河野美雨のセックスライフ
14 知らぬが仏?系列店の罠
13 お前風俗嬢だろ
12 若いって素晴らしい!!
11 バレないようにやりなさい
10 貯金する風俗嬢
9 彼について
8 悩み多き風俗嬢
7 母について
6 好きな男は好きな客じゃない
5 清潔第一
4 勘違い君
3 苦手なんです、営業
2 風俗嬢になろうと思ったわけ
1 報告
0 私は名古屋の風俗嬢

第5話

清潔第一


彼のことは今でも忘れることは出来ない。とにかくインパクト最大の男だった。彼は私を選ぶ時はいつもナースのコスチュームを選ぶ男だった。それは別におかしくも何ともない。

その時働いていた店は、1階でお客様をお出迎えして一緒にエレベーターに乗り、2階なり3階なりの個室に入ってプレイを進める、というものなのだが、そいつは、エレベーターの中から私を触りまくっているのである。もう世間話さえもする間もなく触りまくるので、エレベーターのボタンが押しづらいやら、エレベーターから外に出にくいやら、接客をする前からテンション下がりまくりなのだ。でもまぁ、風俗の店っていうのは基本的に男が性の欲求を満たす場所であるので、彼の行動も不愉快なものであるとはいえ、しょうがないものなのだ。

部屋に入る前にしつこく体を触るのも、許そうじゃないか。問題はここからだ。部屋に入った彼は、案の定私をベッドに押し倒した。タイマーをセットしていない私は軽く焦った。興奮してる彼を現実世界に戻すのは可哀想かも、とは思ったが、私は彼をはらいのけてとりあえずタイマーをセットする体勢に入った。タイマーはベッドの奥の棚の中にある。私は彼に背を向けそそくさとタイマーをセットし始めた。

後で何かゴソゴソと彼が動く気配がする。タイマーをセットし終えて振り向いた私は呆然としてしまった。彼はすでに来ていた洋服を脱いで、素っ裸の状態で待機していたのだ。しかもご立派に勃起したちんこは紛れも無く包茎チンコである。見事なまでに皮かぶりだ。私は驚きを顔に出さないように微笑みながら彼の隣に座った。すると彼は、私の横に仁王立ちになって、その勃起したちんこを私の鼻先にこすりつけてきたのである。頭がクラクラするのを感じた。はっきり言って20年生きてきて嗅いだことのない異臭がした。彼の皮の中に白っぽい黄色の塊がチラリと見えた気がする。

彼は私の目の前で包茎の皮をムキっと剥いた。さっきよりもより一層異臭が広がって、私は絶句だ。夢であってほしいと願った黄色の塊は、カリ首あたりにカリフラワーのように密集していた。

「こ、ここでするの?」

彼は頷く。あからさまに臭ーんだよ!と言えたらどんなに楽だろう。私は微笑みながら言った。

「シャワー浴びてからにしましょうよ♪ね?」

ところが、彼は同意しない。どうしょうもなくなった私はしょうがなく彼のちんこに口をつけた。なるべくカリ首に舌が当たらないように口を大きくすぼめがら、私は頑張った。あんな不潔な姿で意気揚揚と風俗店に来店できる奴を、私は不思議に思う。風呂に入ってから来いとまでは言わないがせめてチンカスくらいは落としてから来て欲しい。それが礼儀っていうか、常識ってもんだろう。

2003.11.10


《河野美雨へ一問一答》
> 兄弟はいますか?

弟君が二人います。仲はよろしいです。
二人とも反抗期が過ぎたのでよく三人でご飯食べ行ったりします。
可愛い奴らです。

<つづく>

河野美雨



私は買われたい女|河野美雨



 

たまごやの新着


創刊:2003.08.20

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや