ちょっとマジメな風俗噺Part3 -蝶野かおり-

2年半のベテランそして店ではナンバーワンの現職ヘルス嬢がお届けする風俗業界の裏話。風俗業界に入ることになったきっかけ、珍しい癖のお客、風俗嬢の葛藤、一般企業への就職活動をしている現在を書き綴ります 。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

蝶野かおり

マガジン発行履歴
蝶野かおり自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

8 デリデリヘルヘル
7 2店目の風俗
6 お店を辞めることになった話・後編
5 お店を辞めることになった話・前編
4 お店の女の子、初めてお客様についたときの事
3 近況
2 講習

1

プロローグ

第5回

お店を辞めることになった話・前編


みなさまこんにちは。蝶野かおりです。
間隔があいてしまい申し訳ないです。

前回、今のお店で友達に会ってしまい、絶交を告げられたお話をさせていただいたのですが、たくさんの方から励ましや「自分だったらこうするのに」といった貴重なご意見メールを頂き感激しています。返事がなかなか追いついていませんが、すべてに目を通して大切に保管しています。

本当にありがとうございました。


さて、今回は本編のちょっと真面目な風俗話に戻ろうと思います。

お気づきの方もいらっしゃるようですが、私の初めて入って働き出したお店は違法営業店でした。
風俗営業の許可を取らずに営業していたのです。

営業許可については私もあまり詳しくないのですが、
飲食店として営業許可を取っておいて風俗店を営業していたというような話を後日風俗雑誌のカメラマンから聞きました。

お客様の支払う料金は安く、もちろん女の子のバックも安く女の子もお客様も回転を早くしていたようです。
他店で働けなくなった女の子たちや他店で入店禁止になったお客様も結構いたようです。

このバックなのですが、たいていお店4:女の子6のお店が多いです。

ちなみに今現在働いているお店の料金はお客様から頂くのは

フリー7500円(30分)
指名・写真指名9000円(30分)

女の子のバックは

フリー・写真指名4000円
指名5000円

なのですが、対して初めて入ったお店は

フリー3980円(30分)
指名・写真指名4980円(30分)

女の子のバックは

フリー1500円
指名・写真指名2000円

でした。30分で気持ちいいことして、たった30分で1500円もらえるならいいな。
と私は思っていたのですが、他店を経験してきた女の子たちには不満だったようでした。

不満のある女の子たちのしてしまうことはやはり売春です。
個室内で女の子側から交渉していたようです。相場は3000円だったそうです。
お客様からしてみれば写真で好みの子を指名して入っても1万円以下で本番行為が出来たわけです。

当然本番をするつもりのお客様も来店されていました。

私が退店したそれが嫌だったという訳ではありません。
しつこく売春を言ってくる方にはお帰り頂いたり、優しいお客様や何度も指名して頂いているお客様とは本番していました。
私も人間ですので優しく気持ち良くされるとやはりしたくなります。

売春は1度しましたが、その時は確か4万円もらったので、自分でも納得したのでしょう。

次回に続きます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2003.02.11

蝶野かおり

ちょっとマジメな風俗噺



 

 

たまごやの新着


創刊:2002.11.30
訪問者数:
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや