ちょっとマジメな風俗噺Part3 -蝶野かおり-

2年半のベテランそして店ではナンバーワンの現職ヘルス嬢がお届けする風俗業界の裏話。風俗業界に入ることになったきっかけ、珍しい癖のお客、風俗嬢の葛藤、一般企業への就職活動をしている現在を書き綴ります 。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

蝶野かおり

マガジン発行履歴
蝶野かおり自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

8 デリデリヘルヘル
7 2店目の風俗
6 お店を辞めることになった話・後編
5 お店を辞めることになった話・前編
4 お店の女の子、初めてお客様についたときの事
3 近況
2 講習

1

プロローグ

第3回

近況


みなさまこんにちは、蝶野かおりです。

今回は近況をお伝えしようと思います。みなさまご存知かとは思いますが、私は風俗業界に2年半います。今までは初めてヘルスで働いたことなんかを書かせて頂いていますが、そのお店の後、デリバリーヘルス、店舗のヘルス2件を経て今のお店に至るのですが、

実は昨日今のお店でこの仕事始めてから初めて足がガクガク震えるような出来事があったんです。

今のお店には一応知り合いに会わないようにお客様の待合室にモニターがついているのですが、映像が白黒なんです。昨日は日曜日、女の子不足のため、開店から通しで閉店までの勤務時間だったので、ところどころで昼寝して寝ぼけていたことと、しとしと冷たい雨が降っていた事もあり、1日ずっと暇で、寝ぼけっぱなしだったのが原因かどうかはわかりませんが。

お客様が見えた旨のコール(部屋ごとにインターホンがあり、今のお店はずっと個室で1人で待機してるんです。)を待ちわびてた私はろくにモニターも確認せずお客様を迎えました。「こんばんはー」なんて挨拶して顔をあげて見ると、どうも見たことがある!とっさに何が起こったか理解できなくて、無言になってしまいました。顔が緊張して笑顔で固まってるのが自分でわかります。「かおりん何やってんの?」と本名で呼ばれても現実感がなくって、「何これ夢か?」なんて考えてました。多分遠い目をして、口だけ引きつった笑顔という不気味な顔になっていたと思います。「お互い気まずいところだね」と苦笑されてやっと「ああ、バレてしまった」と事情が飲み込めました。

ぎゃふんと言わされました。。。(言ってないけど)

気まずくて絶対無理と言われたので、慌てて従業員にコールを鳴らし「友達でした」と伝え、友達は別の女の子の部屋に案内されていました。ずっとその後どうしようどうしようって落ち着きませんでした。

何をどうしたらっていうものでもないのですが。

その出会ってしまった友達というのが、また中途半端な友達で。気心の知れた男友達はほとんど私の仕事を知っているのですが、女友達は1人しか知らせていません。知らせてない女友達は私の親姉妹とも交流があるからなんです。その知らせてない女友達つてに最近知り合ったサークルの人だったんです。サークル活動を通して交流はあるのですが、個人的な付き合いはまだなかったんです。年も5歳も上の人なので。

面白がって言いふらすような下世話な人ではないし、どちらかというと私からサークルのメンバーたちに彼がヘルスに行った事を知られるのが困るようなタイプの人です。女性向な雰囲気のいいバーのオーナーなのですが、本人も『あ〜そんな仕事してそうな感じ』といった雰囲気で。

まあ、知れ渡る心配はないだろうと何とか自分に言い聞かせました。その友達も水商売なわけだし、職業差別なんてしないだろうと。。閉店後 家に帰ってから念のために、『あれは夢だった』と自己洗脳しておきました。

今日は昼前に起きて、パソコンのメールチェックなんかしてみたのですが、彼からは何のアクションもなく、この様子なら「『夢だった』と自己洗脳完了してしまえば良いだけだ。大丈夫、年末のサークルの忘年会で会っても普通に接せられる」と思えました。もともと楽天的な性格なので。『夢だった』と思い込もう作戦も楽勝だ!なんて納豆巻き食べながら。

さっきその友達からメールが届きました。

「昨日はびっくりしたね、酔ってたから最初誰だかわからなかったよ。それもアリでしょ?俺の記憶から削除できるように努めるので、サークル活動への参加はしばらくブランク空けてくれない?じゃあヨロシク」

うわぁ。夢じゃなかったのは知ってるけど、えらく遠まわしな絶縁宣言だなあ。最後の「ヨロシク」がカタカナなのが何か癪にさわるなあ。

なんて、思いましたが、私の秘密(そこまで重大な秘密とも思えませんが)知ってる上でそれを理解して友達になれないと判断したのでしょう。私からサークルの人達にヘルスに行ったことがばれるのを避けたのもあるだろうし。ばらす訳ないのに・・・信用してもらえなかったのは寂しいけれど、まあ こうなってしまったものは仕方ないですね。これから気をつけようと思います。ゆすられなかっただけでも良しとしましょう。楽天的な上に気持ちの切り替えも早くって。。

みなさんは周りの女友達が風俗で働いていることを知ってしまったらどうされますか?無理にでも辞めさせますか?それともやはり絶縁してしまいますか?

お付き合い頂きありがとうございました。

2003.01.14

蝶野かおり

ちょっとマジメな風俗噺



 

 

たまごやの新着


創刊:2002.11.30
訪問者数:
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや