ちょっとマジメな風俗噺Part3 -蝶野かおり-

2年半のベテランそして店ではナンバーワンの現職ヘルス嬢がお届けする風俗業界の裏話。風俗業界に入ることになったきっかけ、珍しい癖のお客、風俗嬢の葛藤、一般企業への就職活動をしている現在を書き綴ります 。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

蝶野かおり

マガジン発行履歴
蝶野かおり自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

8 デリデリヘルヘル
7 2店目の風俗
6 お店を辞めることになった話・後編
5 お店を辞めることになった話・前編
4 お店の女の子、初めてお客様についたときの事
3 近況
2 講習

1

プロローグ

第2回

講習


こんにちは!蝶野かおりです。前回は「講習」を受けることになったいきさつをお話させて頂きましたが、今回はその「講習」のことなんかお話したいと思います。

面接後 社長とお店の個室に入ったのですが、この個室にまず驚きました。カーテンでしきってあり、2畳程のスペースに独特のセックス臭とマットと流行遅れなガラステーブルだけがありました。テーブルの上にはおしぼりと箱ティッシュ。昼間なのに薄暗くって、

「この部屋はエッチなことするだけのために作りました!」オーラが出まくってて、「あぁ私も玄人になるのね」ってわくわくしました。

洗面器にお湯を張り、その中に大量のイソジン(うがい薬)とおしぼりを入れて、そのイソジン漬けのおしぼりでお客様の体を拭くように言われました。

イソジンのCMで「うがい以外に使用しないでください」と書いてあったのはこのことだったのね。と思いつつ、さっさと裸になってマットに横になっていた社長の体を拭きました。

拭き終わると社長は「じゃあ服を脱いで普段どおり彼氏にする時みたいにやって」と言われたので、そそくさと服を脱ぎ、言われた通り普段どおりにしました。無事に終わったあと、服を着ながら講習の結果っていつわかるのかなあ、失格だったらどうしようなんて考えてると、社長はタバコを吸いながら「本当に未経験?今の調子で頑張って」と一言。

無事に講習は終了しました。

働くことになったお店の他の女の子のこと、初めてお客様に着いたお話はまた次回。

※今日は出勤だったのですが、店の前の道路を工事してたみたいで、すごく暇でした。お客様は1人しかつけなかったのですが、昨日徹夜で「逆転裁判2」をしてたので、ゆっくり睡眠をとることが出来ました。今日も徹夜できそうなほどです。※

お付き合い頂きありがとうございました。

2002.12.22

蝶野かおり

ちょっとマジメな風俗噺



 

 

たまごやの新着


創刊:2002.11.30
訪問者数:
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや