風俗嬢の人間観察 -佐藤明子-

ソープにみる男の粋とデリヘルに癒しを求めるサラリーマンをあやすコンパニオンの物語。風俗雑誌にありがちなイケイケでもなく、愚痴の捨場でもなく、風俗業界に渦巻く人間模様を通じて語る現役風俗嬢の人生哲学。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

佐藤明子

マガジン発行履歴
佐藤明子自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

12

ソフトSM講座(2)

11

ソフトSM講座

10

常連さんの定義

9

Y様は謎の王子様【続編】

8

Y様は謎の王子様

7

至上最低のバレンタインデーを過ごしたぞ!

6

秘め事はじめ

5

秘め事?姫事?納め K様

4

お客様の職業の特性

3

自腹の経費たち

2

Fさんの事

1

エピソード

第5回

秘め事?姫事?納め K様


慌しい年末、年始はいかがお過ごしでしたか?風俗界は意外とお暇なシーズンです。仕事納めになっても家庭サービスや大掃除に借り出されてしまうお客様が多くてなかなか遊びに来てくださらないので寂しい限り。あたしは31日まで出ましたよ。明けは海外、上海にいたので7日からという暢気な出勤でした。

実際、御用納めの28日から一日に1件はあるかないか程度だったから開店休業に近かったかもしれない。どうもお客様、個人を取り上げると、ご自分のことか?と思われてもいけないので慎重になりますが、年末のK様、年始のY様の話をさせてくださいね。

K様とY様はまったく年齢が同じ34歳であったことと、背格好が今話題のホリエモンによく似ておられたことと共通点がありました。K様から予約のお電話があった時は、すでにその夜の予約が前日から入っていて、移動1時間をとると2時間の時間をお取りするのがせいいっぱいでした。これはむろんK様には内緒でしたが。呼ばれたのは赤坂の某高級ホテルのデラックスツインでした。このクラスのホテルは久しぶりで当方プリティウーマンの気分でフカフカの絨毯の上をロングブーツでお洒落に歩きました。

ここまで高級ホテルになると、かえって客室にあがるエレベーターまで行くのに従業員の眼というのはほとんど気にしなくていいのです。田舎者らしく、おどおどしていたり、挙動不審である方がはるかに目立ちます。もちろん伺う服装にも気は使いますが。今仕事用に来ているカシミヤのスタンダードのキャメル色のコートは30万するものです。人間はよくみためではなくて中味が大切だというけれど、やはり第一印象である程度は判断されるのが事実です。だから、安物はあまり身にまといません。まあ、どちらに行かれますか?と声をかけられるようなホテルは手入れのよくあるラブホテルか、ごく普通のビジネスホテルが多いように思えます。

で、デラックスツインにお一人でお泊りのK様は、お仕事は最後まで謎でした。自宅が港区内にありながらなぜ年末、年始の一週間、お仕事のためにホテルに滞在されなければならないのかは?なかなか想像つきませんでした。大きな皮のビジネスケースに書類のやま。最初は作家さん?なのかしらと思いましたが、お話していくうちに実業家であることがわかってきました。海外には年の半分はおいでになるとのことでした。葉巻をくぐらせながら、「何時間でもいいのですが、貴方は何時まで大丈夫なのですか?」と聞かれて、思わず「ありがとうございます。2時間でお願いしたいのですが。」と小さな声で答えたあたしは内心とても残念に思いました。次に予約がなければ「どうぞ、ご随意に」と言いそうになるところでした。先約がやはり優先ですから。

分厚い札入れからこともなげに福沢様を出しながら、「そんなにお安くて宜しいのでしょうか?」と言われただけでもううっとりでした。「先にシャワーを浴びていてください、仕事を1つ指示してきますから」と言うと、部屋をそっと出ていかれました。

ここで、デラックスというのを説明すると、通常浴室は一つでシャワーと切り替え兼用になっているところが大半ですが、デラックスは浴槽とシャワー室が分離してあります。別々に入ることが可能です。もちろん、かなりの広さがあります。人工大理石でしたが、床暖房で浴室そのものが快適。で、お姫様気分に浸ってシャワーから出て、髪を乾かして待つこと、30分。「暗くしますね、先にベッドに入っていてください。シャワー浴びてきますから。」と戻ってきたK様。その後、ベッドにおいても驚くほど紳士?と思いきや、ノーマルな方でエッチな行為については何も印象に残っておりません。「シャワーに入って流しますから、お風呂どうぞ」と言われてからしか、思い出せません。

別々に仕切られた浴室で流したあと、タオルを巻いて冷たいビールをご馳走になりながらのビジネスの話の方がはるかに私には強烈だった。28歳すぎて起業したことや、資金調達の算段の話、株式市場の相場の読み方などなど。思わずメモを取りたくなるくらい誠実なレクチャーでした。一年の締めとしては、年末の大売出しの人ごみのスーパーを歩くより、はるかに開眼させていただきました。仕事納めにしたいくらい、ある意味で勉強させていただいたお時間でした。

夕暮れのホテルのロビーでは年越しのイベントの準備風景がみられました。こういうところで年越しされる方も沢山いらっしゃるんだなと感慨深くい思いました。あたしの仕事は確かに究極の接客業ではありますが、自分の人生上は知りえなかった方々との出会いで人生を学ぶことが実際はかなりの楽しみなんですよ。次回は年始のY様のお話をいたしましょう。

2006.01.23

楽天で「高級ホテル」を探す


佐藤明子

風俗嬢の人間観察|佐藤明子



 

 

たまごや


創刊:2005.11.03

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや