ちょっとマジメな風俗噺Part4 -桜木桃子-

ピンサロ、イメクラ、性感、ヘルス、デリヘル、ストリップ、ソープ。SM以外はなんと経験済み元風俗嬢の桃子が風俗の世界から見て感じたことや裏話をみなさんに暴露しちゃいます。

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 

桜木桃子

マガジン発行履歴
桜木桃子自己紹介
あなたもライターになれる
 

新着エッセイ

10 私にとってメルマガとは
9 ピンサロ
8 セックス依存症
7 出会い
6 店長
5 変態
4 擬似恋愛
3 口内発射
2 サービス

1

家出

第2回

サービス


風俗業って究極のサービス業じゃないかなって、桃子は思うのね。

だって見知らぬ男性のチ○チ○をくわえちゃうんだから。まさに体当たりの仕事。いかせるってことが義務づけられてるところだから、まさしく体力、精神力勝負。ほんとに大変な仕事だと思う。

桃子がはじめびっくりしたのが「素股」ならぬサービス。擬似セックスってとこなんだけどなかなか難しいの。それに腰がくだけそうになっちゃったこともあるしね。素股って股にお客さんのアレはさんでこする作業を繰り返すものなんだけど、それだけじゃあなかなかイカないんだな、これが。だけど、素股好きなお客さんって結構いて、長いこと要求されちゃうの。そうすると桃子の腰は悲鳴をあげちゃうってわけ。滑りをよくするためにローション(これは海藻でできているとか)を塗ってシコシコやんのよね。

もちろん“入れない”が原則でこっちはやってるんだけど(ヘルスの場合)お客さんはその中途半端さに耐えきれなくなって、「ちょっとだけ!」って要求してくるの。うけるのが「1cmだけ!」「動かさないから入れるだけ!」のたぐいのやつ。嘘つきなんだ。もし桃子が「じゃあその約束、絶対守ってね。」って入れた途端に腰振るくせに。

男って嘘つきだなぁ〜って悟ってしまったのは風俗のせい。何千人もの男の人を相手してきたけど、妙に悟って冷めてしまったのはいいんだか悪いんだか。う〜ん・・それでも桃子は男の人ってかわいいから大好き。性欲ってやっかいで男の人って大変だなって思うし。

こっちが目つぶって感じまくってたら、黙って入れてた奴にはまじでキレたけどね。もちろん控え室で(笑)プロはよっぽどのことがない限りはお客さんの前ではキレちゃいけないって桃子は思ってるからさ。

2003.08.10

桜木桃子

ちょっとマジメな風俗噺Part4|桜木桃子



 

 

たまごやの新着


創刊:2003.07.26
訪問者数:カウンター
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや