誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第40回

不倫?ファーストキッス


まず、今までのあらすじから書いてますが、
今回のストーリーが即、気になるという方は、お手数かけますが以下の
・・・・・・の点線以下へ目を移して下さいね。

最初から8話まではレイプの体験談。

10話〜21話では男性不信を経て、ようやく憧れたのが手の届きそうで届かないミュージシャンで、デブからスリムへ、ファッションなど、少しずつ自ら女の感覚に目覚めていくと同時に女友達とのトラブル発生。

そして現在執筆中の第三部は・・
別のミュージシャンへの追っかけで、妻子がいながらも愛人(ミキ)がいることを知りショックを受ける。
反発心を持ちながらも何度もライブへ通い、そのプレイへの感動と人柄に惹かれ憧れの男性だと意識する。
あまりの感動から気持ちを抑えきれず、個人的に会って話をしたいと書いたファンレターを送った。
その日が迫り不安になり親友(みどり)に相談するが、何故か本気で抱かれてみたいと思っていた。誘いに乗らぬよう、気をつけるようにと言うみどりの説得に考え直し、断わる決意をもって上京したのだが断わりきれず、飲みに誘われ店を出るなり人気の無い夜道を一緒に歩き、夢のひとときに昂ぶる感情。肩を抱く腕が腰へ・・、角を曲がった途端・・!
(以降下記本文でお楽しみ下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は抱きしめられていた。

少し硬く、それであたたかなモノに包まれているそのモノはYさんだった。ドキドキの加速はそこでクラッシュし、ジワジワへと変わっていく・・。体の中に熱い風が通り抜けるような(どこかで聞いたセリフに似てる?)それでいて心を打ち抜かれたような・・、そんな衝撃。

「もっと強く抱きしめて・・!」

Yさんの囁く声。コレは本当なの?!、あのYさんが私を・・!!その時、唇が温かく濡れた。こ、腰が・・・・、抜けてしまいそうだった。唇の中へ進入する舌。お酒とタバコの味がした。ああ、体がとろけそう!

この時が永遠に止まってしまえばいいのに・・。すっと腕を離した途端、恥ずかしくって恥ずかしくって・・。その時に何か言われたのだけど、覚えていない。その一言にホッとした記憶は残ってるけど・・。

そうして私は近くのホテルへ帰る。次の不安が頭をよぎる。アノ後、意外なほど和やかに話しながら歩いてた。手を繋ぎながら。ホテルの場所を言うと

「じゃあ、こっちの道をずっと行けばエエよ」

Yさんはタクシーを拾って帰るのだと言う。な〜んだ(苦笑)、いや、別にそこまで期待してた訳じゃあないけど、もし、もし・・ってコトになったらどうしようかな?!って考え始めてたトコだったから。困るならその場でハッキリ断わる。でも断わってもいない私はもうYさんに流されるままになっていた。

「気をつけて帰りな。また手紙書いてな」

笑顔で手を振りお別れ。ホテルに戻ってからも神経昂ぶり、ナカナカ寝つけなかった。“私なんてコト、経験してしまったんやろう・・!”嬉しさと恥ずかしさ、そして少しだけの罪悪感。“でも、これで良かったんだ。これ以上のことにでもなってたら・・?!”

あのキスは今だ消えない感触。そう、まぎれもないファーストキッス。好きな人に初めてキスされた日。こんなことみどりになんて言えない。彩子にだって。私は元々不倫なんか大嫌いだった。たったこれでは不倫と言えるかわからないけど、恋愛感情を持ち、Yさんが私を愛してくれることを望んでいるということだけで言えば立派な不倫。しかしそれに拍車をかけたのは最初に見かけたYさんの愛人の存在でもある。あのミキちゃんとやらの女、最近見かけなくなったから別れたのか?、もしそうであれば当然Yさんは寂しい。私がそのタイミングで来たからちょうど良かっただけなのか?、それともあの女が嫌いになって私に乗り換えたんだったら嬉しいけど(笑)・・とか色々考えて、Yさんは私のこと、本当はどう思ってるのか?もっともっと会いたく、話したくなっていた。

大阪に帰ると、東京での事は夢の中の出来事じゃないかとしか思えなかった。数日後、電話が鳴った。

「もしもし、みどりやけど・・、この前の上京、どないやった?」

何でも話せる親友みどりに私は何と言ったか?は42話をお楽しみに。

2004.11.13


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや