誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第35回

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】


今回はそれぞれのアダルトワークの中で、今でも思い出す、印象に残っているお客さんのお話をしますね。


【テレホンレディ】

会社員40代。ソフトな口調で紳士的。夜11時位、会社で一人残業中という。
一聞ノーマルな男性という感じだったが・・。

『今、会社にね、気になる部下の子がいて、その子がいつもお昼に歯磨きをするんですよ。で、その子はいつも歯ブラシを自分の机の中にしまっててね、この前僕が一人で残業してた時に思い出して、ちょっとしてみたくなったことがあって・・』

私「で、何をしたんですか?」

『その子の歯ブラシで自分の歯を磨いたんです』

私「ええ〜っ!、そんなことしてその子に歯ブラシのニオイとか・・(何て言ったのかウロ覚えだけど)バレませんか?」

『で、バレないようにと思って、後で洗剤でよーく洗いましたよ。それで次の日気になってその子のお昼休みの歯磨き後の様子を見てたんですけどね、でも全然何もなかった様子でしたよ』

私「まぁ、一回だけならね(笑)」

『それが・・、クセになっちゃって(笑)。彼女には悪いと思ってるんだけど、一人残業が多いのでついつい彼女の机の引き出しを開けてしまうんですよ。
イケナイと思いつつまた歯磨きをしちゃって・・。でね、それでは何かモノ足りなくなってきちゃって・・』

私「ずっとバレなかったんですか?」

『うん。キレイに洗ってたからね。それで次は・・。(しばらく間が空く)あはははは!!!』

私「どうしたんですか?!(めっちゃ気になってる)(笑)」

『彼女の歯ブラシをアソコへ・・。
アソコをはじめはズボンの上からゴシゴシしてたんですけど、それが気持ち良くって・・、で、ファスナーから出して・・(コレ以上は書けません、爆)』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こっちとしてはそれを聞くだけでお金になるからオイシイんだけど、何も知らずに歯ブラシを使い続けてた彼女の立場を考えると・・。
その時他人事だからって笑って聞いてたけど、実際そうゆう上司がいたら・・
って思うと超キモい!。ぶん殴ってやりたいし、そのまた上司に言って絶対左遷かリストラさせてやるぅ〜!って思う。
全く本人は懲りてなくってね、私が聞いてあげただけなのに、後日同じ時間に入ってて、声で私だからとかけてきてくれたんですよ、何日か。
毎回彼女の歯ブラシ報告(笑)。『この前はこうして、反応は・・』とか。
お前、そんな電話に時間とって、歯ブラシを弄んでる暇あったら早く仕事片付けろよ!っつーの(爆)。
仕事よりソレが楽しみで不正残業してるんじゃないの?って。
でも言えない(苦笑)。煽るような聞き方した私のせいでもあるし・・。
聞きながら‘なんてキモいおっさんなんよ!、あ〜そんなことヤメテヤメテ!’
とは思っていたし、歯ブラシの彼女のことを思うと・・、本当に気の毒、申し訳なかったです。

で、しばらくテレホンレディは時間帯を変えて入ったので、あれから変態歯ブラシおっさんはどうしたのか?そのままし続けてバレなかったのか・・?
今も時々思い出してしまいます。
(バレて地獄に墜ちてくれてればいいけど、知った彼女がそれより可哀想)

歯ブラシを持参して、会社に置きっぱなしにしてるOLの方おられませんか?
もう何年も前の話ですが、気をつけた方がいいですよ〜!。
面倒でも毎日持って帰った方がいいでしょうね。


来週は34話【みどりの説得】続きをお送りします。

響風子

2004.09.10


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや