誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第34回

みどりの説得


‘ナイショの仕事’との交互な展開も落ち着いてきました。
ナイショの仕事のお話も、結局時系列になってしまってることを反省してます。
どうも経験順に話すクセが抜けないようです(苦笑)
今までのお話のおさらいから書きますが、とばしてOKな貴方は、以下・・・
の点線以降の本文を読んでって下さいね。

最初から8話まではレイプの体験談。

10話〜21話では男性不信を経て、ようやく憧れたのが手の届きそうで届かないミュージシャンで、デブからスリムへ、ファッションなど、少しずつ自ら女の感覚に目覚めていくと同時に女友達とのトラブル発生。

そして現在執筆中の第三部は・・
別のミュージシャンへの追っかけで、妻子がいながらも愛人(ミキ)がいることを知りショックを受ける。
反発心を持ちながらも何度もライブへ通い、そのプレイへの感動と人柄に惹かれ憧れの男性だと意識する。
初めて見たYさんのライブで会ったアマチュアカメラマン彩子と、横浜で偶然再会し、飲んで語り合い別れた後、宿泊先に突然泊めてあげたことから起こったハプニング。
寝静まる彩子の側で、ライブ後の興奮覚めやらぬ真夜中、私が綴っていたYさんへの熱い思い・・。
あまりの感動から気持ちを抑えきれず、個人的に会って話をしたいと書いたファンレターを送った。
日が経つにつれ冷静さを取り戻し「見に行きます」と書いた日が迫り不安になってきていた。(以降下記本文でお楽しみ下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

感動の横浜2daysから、わずか10日後に東京であるYさんのライブ。
Yさん、私の手紙、どう思ったのかな・・?
それとも単に共演ミュージシャンや他ファンと一緒に打ち上げで話す程度のことになるか?、おおげさに考えすぎかもしれないけど・・。

私には小学校以来の友達がいた。
当時でもう子供、旦那さんもいる主婦‘みどり’。
しかし環境の違いや彼女も忙しそうだからと、しばらく連絡をしていなかった。
みどりはまじめを絵に描いたような人で、不倫や浮気など、とんでもない!と思っている。
私だってそう。だけどそんな私がYさんに、何故か恋愛感情を抱いている気がしてきたから自分が怖くなってきたのだ。
彩子や朱美にはこんなコト言えない。

思わず手はみどりの電話番号をダイヤルしてた。
「久しぶり」のあいさつの後、切り出した。

私「あのね、ちょっと相談したいことがあるんだけど・・。
実はね、今あるミュージシャンにハマってて、その人が今度東京でライブするねん。それがね、この前にも行ってたんやけど、その時に手紙渡してね・・」

手紙の内容は前回書いたとおり。それを説明した上で「今度ライブに行ったとき、Yさんに何て言ったらいい?。もし、ライブ後に一人誘われたらどうしたらいい?」と聞いた。

みどりは「うぅ〜ん・・、それやったらさぁ、ライブ終わるまでに出来たら手紙の話ね、アレをね・・『ちょっと前のライブ見て、興奮し過ぎて訳わかんないこと書いてしまってごめんなさい。今はああいう意味じゃないんです。なので今日はライブが終わったらすぐ帰ります。ごめんなさい』って感じで、明るく言えばいいんとちゃう?」

私「・・そうやね・・、そう言えばいいんだろうけど・・、でも・・」

み「でもなに?」

私「やっぱりYさんと話したい」

み「じゃあ、ちゃんと一人で何事もなくホテルに帰れる自信あるの?」

私「・・だ大丈夫だって!。いつも大人数周りにいてるから、私と2人きりになるなんて考えられへんし」

み「なんでそう言い切れるの?。だってYさんに‘ライブ終わってから話し相手になってください’って書いたんやろ?、それ読まれてるんやで。普段からよくYさんを追っかけてるから熱心なファンやって目で見てはるんやで。
Yさんは風子が自分に気があると思ってるできっと。だから止めときって言ってるんやでー!」

私「Yさん、そんな危ないこと、私にするかなぁ?」

み「風子次第や。打ち上げどうしでも出たかったらあかんとは言われへんけどでも、風子は流されやすいとこあるしなぁ。だから危ないって言ってるねん。打ち上げに何人もいたとしても他の人と別れて、Yさんと2人きりになるっていうことも考えられるしな。それでも飲むだけ、話すだけで帰ってこられるんやったら凄いや〜ん!ってほめてあげるわ。でもなぁ・・、風子にそれは出来へんって。だから始めに打ち上げも断わっときや、な」

私「・・・・・・」
黙りこくって歯切れの悪い私。

私「え〜っとね・・、そうするべきかもしれないけど・・。でも、でもね・・
やっぱりYさんと一緒にいたい。打ち上げ行きたいねん!」

み「打ち上げ行くこと自体は悪くないとは思うよ。でもその後のこと考えなあかんよ。もしな、Yさんと何かあったら傷つくのは風子やねんで。Yさんの嫌な部分見たくないやろ?。ずっとファンでいたいんやろ?」

私「そりゃあそうや。ずっとファンでいたいよ。でももっとYさんのことも知りたい。めちゃくちゃ好きやねんもん!」

み「・・それやったら風子はどうしたいの?」
あきれ、怒り気味のみどりの声

私「Yさんと・・。
Yさんとね、やっぱね・・、一晩・・」

み「一晩?!」

私「一晩、いっしょに過ごしたい」

み「風子!・・」


次回は‘ナイショの仕事5’をお届けします。

2004.09.01


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや