誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第32回

恥ずかしいファンレター


今書いている‘Yさん追っかけ’を最も熱くしてたのも数年前のこの8月。
ライブは8月中旬だったので、ものすごく数年前の今の時期に近い話です。

前回までお読みになられて、理解されてる方は以下・・・・・の点線以下からお読みになって下さいね。

今までのお話のおさらいから。
まず最初から8話まではレイプの体験談。

10話〜21話では男性不信を経て、ようやく憧れたのが手の届きそうで届かないミュージシャンで、デブからスリムへ、ファッションなど、少しずつ自ら女の感覚に目覚めていくと同時に女友達とのトラブル発生。

そして現在執筆中の第三部は・・
別のミュージシャンへの追っかけで、妻子がいながらも愛人(ミキ)がいることを知りショックを受ける。
反発心を持ちながらも何度もライブへ通い、そのプレイへの感動と人柄に惹かれ憧れの男性だと意識する。
初めて見たYさんのライブで会ったアマチュアカメラマン彩子と、横浜で偶然再会し、飲んで語り合い別れた。
しかし帰ったはずの彩子が留守宅兄の部屋へ帰れなくなり、私の宿泊先ホテルの部屋に泊めてあげることにした。
私は入浴中、バスタオルを巻いてユニットバスを一旦出たところ、ミスって裸になった私は彩子に押し倒され、必死に抵抗して怒りをあらわにした。
詫びる彩子が寝静まった後、何故か理解出来るところも・・と、不思議なことに彩子の寝顔にキスをしたのだった!(以降下記本文でお楽しみ下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彩子が起きないよう、気をつけておでこへキスをした。
それに気づかれて私に‘その気’があるとは思われては困る。
ただ、彼女は男でも女でも関係なく‘感触の残る愛’を獲たかったのだろう。
以前私が男に暴行されたのとは違う思いだ。
いきなりされたのには驚いたが、これまで話してきて彼女がそのような行動をとるとは、よく考えれば予想出来たのだし。
私も衝動的にキスをした。自分でもビックリだ。勝手に体が動いたみたいで。
今考えればその思いを少しだけでも理解してあげたよ、ってことだったかもしれない。

「あれで彩子ちゃんを嫌いになった訳じゃないからね・・」
小声で話しかけてた。

私はドレッサーデスクでYさんへ手紙を書くことにした。
Yさんの今日の姿がさっきのことにかき消されることもなく、深く胸に残っている。
‘この手紙、ライブ後直接読んでもらえるんだ・・’
わくわくどきどきが高まってきた。


(↓ファンレター本文)


Yさんへ

こんにちは、それともこんばんはかな?
2daysのライブ、大変お疲れ様でした。
私、はるばる見に行ってたんですよ〜!
もうどうしてもYさんを見たくってどうしようもなかったんです。
今は1日目を見終えたところなんで2日目がどうなったかはわかりませんがきっと感動に打ちひしがれてるところでしょう。


・・続きの言葉が出てこない。ナカナカ書くことが出来ない。
思わずYさんのライブスケジュールが載っている雑誌を手にした。
この雑誌でいつもYさんのスケジュールがわかり、行ける範囲でYさんのライブに行ってたのだ。
次回は10日後、東京だ。あぁ、これも見たいなぁ・・。


(↓ファンレター続き)


今日はほんと素敵でした。
Yさんのソロの曲がありましたね。
いきなり前に出てきた時、Yさんが緊張してるように見えました。
普段は全然緊張されてる様子ないのに(笑)
私も緊張しつつ見てましたよ。‘失敗しませんように・・’なんてね(笑)
そんな、Yさんが失敗する訳ないのに、何故かそう思ってしまいました。
あの楽器を使う姿を初めて見ました。
あんなに長い時間ソロプレイすることなかったんじゃないですか?。
かなり練習されたんだって思いました。
最後の静寂での決めのフレーズを終えられた後、マジで鳥肌が立ちました。
Yさんを今まで見てきた中で最高でしたよ!

このライブでお話したかったんですけど、
いつもよりガードが固いみたいでスタッフの人にも言いにくくって今日、最終の夜行バスで帰るのでちょっと寂しいですが、今回のこのライブを思い出しながらまた普段の生活、仕事を頑張る励みにします。


はぁ・・。
ここまで書くのにも言葉を選び、字を間違わないよう、丁寧にと気を使い、結構時間がかかっていた。
もう眠いよう・・、でもちゃんと書き終えないと寝たくない。
言葉よりこれまでのYさんの様々な姿の記憶がよみがえる。
あぁもっと会いたい、話したい・・。

(↓ファンレター続き)


それにしてもこのところ全然関西に来られる様子がないですね。
寂しいなぁ・・。
この2daysが終わってから次は26日、東京ですね。
今度も行こうかな・・、いや、見たいから絶対行きます!
で、泊まりにするので夜暇なので、もしよかったらライブ後お話相手になってくれませんか?
Yさんといっぱいお話したいです!

では・・おやすみなさい。


(おしまい)

大体こんな内容だったか。
読み直し封をしかばんに入れた。
もう時計は5時近く、ようやく眠りに就いた。

先に彩子は部屋を出て、私はチェックアウトぎりぎりまでいて出た。
ライブまでに近くをぶらぶらしてて‘そうだ!花束を一緒に渡そう’と思い会場近くの花屋で花束を作ってもらい、開場時にはその中に手紙を入れた。
Yさんが私の花束と手紙を受け取って、どう思うかな・・?
私はわくわくどきどきのまま。何の迷いもなかった。

ライブから帰って26日午後〜27日の休みを取った。
しかし日が経つごと、段々不安になってきた。
‘あ〜、なんで私、あんなこと書いたんやろう・・?どうしよう・・!’
冷静さを取り戻すと、自分の書いた手紙の内容に怖くなってしまってた。

‘今度、行ったらどうなるか?、行くのをやめた方がいいのかなぁ?’


次回は‘ナイショの仕事4’をお届けします。

2004.08.16


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや