誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第29回

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】


皆様、暑中お見舞い申し上げます。

今週はナイショの仕事編です。
このテレホンレディという仕事は、人に言えない副業の第一弾としてした仕事でもあります。時系列で書かないハズだったんですが・・、
ホステスとどっちを先に書こうかと思ってたのですが、なにぶん、この仕事は私にとってのアダルトワークの原点である仕事でもあるので、最初に書いておいた方が皆さんにもわかりやすいのでは・・ということで、テレホンレディのお話から始めますね。

一人暮らしを始めて、何か都合よくしたい時だけ出来る仕事ってないのかなぁ・・?と思っている時、時々ポストに入ってくる怪しげなチラシにふと目を留めたのです。

“在宅、お好きな時間にいくらでも!”
“主婦、OL、学生(18歳以上)、フリーター、女性ならどなたでもOK!”
“電話でお話するだけ。とっても楽チンで楽しいお仕事です”
“時給1800円〜4800円”“安全で高収入!!”
“登録は簡単。登録に一切お金はかかりません”

めっちゃオイシイ!オイシ過ぎるバイト・・
けど、こんなに条件がいいのなんて絶対怪しい。
こんなコト言って、実はお金を取るんじゃないの?それともタダ働きされるかピンハネが酷いんじゃないの・・?すごく疑ってました。
他にはホステスや風俗嬢(らしき)コンパニオン募集、サラ金(ヤミ金?)
テレホンレディも数件載ってたチラシ。
時々ポストに入ってたけど全部怪しいと思って見捨てていたものでした。
しかしこの時ばかりは‘コレ、もしほんとだったら・・?!’とマジで考えていたのです。
風俗は絶対イヤだし。在宅だったら顔も見られない、直接会わない。
電話だけで稼げるんだったら、そんなオイシイことはない。
元々疑い深く、石橋をメチャクチャ叩いて渡る私にとっては、まさに賭けの境地でした。

‘0120やし、とりあえず電話してみよう・・!’
そして丁寧にシステムを説明してもらいました。
絶対にサクラ、これが仕事であることは言わないこと。
絶対に会わないこと。
出来るだけ自分から切らない。失礼な切り方をしないこと。
それらを守ってお仕事をして下さいと。
住所も聞いて登録用紙を送ってもらい身分証明書、住民票のコピーを送るとIDを貰え即仕事が出来る。えらい簡単、スムースなのに驚いた。
しかし問題なのはHトーク。
私は今でこそ下ネタを言えるけど、あの頃アダルトワークも初めてで、そうゆう世界に縁がなかったので、Hな話はどうだろう・・、恥ずかしいという思いばかりで、いくら分給がいいと言っても二の足を踏んでいたのです。

普通のお話コースで、自分のキャラを決める。例えば・・

『こんばんは。私は今年会社に入ったばかりの22歳のOLです。
毎日お局様のイジメに悩んでいます。入社してから素敵な男性がいないかと探してたんですけど、全然素敵な人がいなくって残念でした。仕事も面白くないし、寂しい毎日を送ってる私に電話をください。待ってます♪』

ってな感じで(笑)、イロイロパターンを考え、声を変え、メッセージを入れるんですよ。
まずそれをして、かかってくるのを待つ。
しかしあまり頻繁には出来なかったんです。
1パターンでダメだったら、またキャラと声を変えて入れ直しもしなきゃなんない。私はそんな声色があるわけでないので、その辺は苦労しましたね。
あと会社から帰った夜すぐ始めると、知り合いと電話することもあるので、全く話中ばかりで困る恐れがあるし。

仕事トーク中にキャッチホンで友達からかかってきたんですよ。
「今、電話中でキャッチなんよ。終わったらこっちからかけ直すわ」って友達に言って、またお客さんに戻ったんですね。
適当にキリのいいとこで、もう寝なきゃいけないし・・とか言って切ろうって思ってたんですよ。
話を続けてたらそうゆう時に限って話が盛り上がり、楽しくって楽しくって。
すっかり友達にかけ直すことを忘れてしまって、3時間以上は話してたかなぁ
久々に満足いく仕事だったと切り終えてフッと・・もう1時は回ってたか。
「あああ〜〜〜っっ!友達に電話するの、わ、忘れてたぁぁ!!」
気が付くのが遅かった。
まー、切れそうもなかったら、キャッチは無視した方がいいのかもしれないけど相手にもプ・プ・プ・プ音が聞こえるのが困るんよね。
「なんか鳴ってるよ、キャッチ?」なんて言われたりするので「チョット待ってて」なんて言っても
「じゃあそろそろいい時間だし、そのまま電話してあげて」なんて言われて切られてしまったりの‘チャンスロス’になりかねない。
友達の話が大した用事でなければ、断然お金になる方を選ぶに決まってる(冷)

で、普段の電話がかけにくくなる11時以降にするようにしたんです。

お給料は、毎週振り込み、月2回、月1回と選べてたので助かってましたね。
でも一定の金額(5千円以上だったかな)にならないと振り込まれないのです。
振込み手数料を取られるので、毎月1回の方が得だけど、浪費家な私は毎週コースにしていました。それは毎週5千円分は稼げよ!という自分へハッパをかけて頑張れ!という気持ちからでもありました。

しかし普通のお話コースなのに、かけてくるヤツの大半はHトークへと導くヤツの多いこと多いこと。
何でも最初っから『こんばんは。今ブラの色は何色かな?、パンティは?』
なんて平気で聞いてくるヤツもいるんだから〜!
だけどそれを切らずして、そんな話に付き合うなんてもったいない。ズルい。
一応「ここはそうゆう話をするチャンネルじゃないのよ」って言うんだけどそれで向こうが切ってくれたらまだわかる。しかしこっちが切らずしてそんな話ばっかりする位だったら、こっちで最初っからH回線でかけてた方がエエわ!
って思うようになったんですよね。

スタッフにも相談したけど
「その辺は上手に交わして、普通の会話にもっていくのもアナタの腕の見せ所デスヨ」なんて言うのよね(苦笑)
それに・・
「電話される男性の大半はHな話を望んでるんデスヨ。だから普通の会話だけで稼ごうと思ったら、相当時間も待つし大変デスヨ!
普通のお話コースでさえHトークしたい方が多い状況ですし、そうゆう人を相手にするのはもったいないでしょ。限られた時間でしか出来ないのでしたら、ここは割り切って、Hトークコースで頑張られてはいかがデスカ?」

まぁ・・ねぇ〜・・(苦笑)
確かに普通のお話コースでも‘ソレ系’が多いから少しは免疫出来たことだし。
でもたま〜にいるのよ、日常のグチとか聞かされて2時間!とかね。
でも確かにH話無しは天然記念物並の数しかなかったわ(笑)
毎週振り込みも出来ないくらいの稼ぎしかない状態も多かったし・・。
そしてもう腹をくくりましたわ。
Hトークコース、かけるようになったんです。
(長くなったのでその話はまた今度)

来週は28話【真夜中の衝動】の続きをお送りします。

2004.07.21


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや