誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第28回

真夜中の衝動


先週から始まった新シリーズ、いかがでしたか?
本ストーリーの方は長くなってきましたし、今まで読んで下さってる方にはおらさいとして、これから読まれる方にはわかりやすいように、今回からこれまでのお話を少し紹介します。今まででお話は3部にわかれております。

まず最初から8話まではレイプの体験談。

10話〜21話では男性不信を経て、ようやく憧れたのが手の届きそうで届かないミュージシャンで、デブからスリムへ、ファッションなど、少しずつ自ら女の感覚に目覚めていくと同時に女友達とのトラブル発生。

そして現在執筆中の第三部は・・(22〜26話)
別のミュージシャンYさんへの追っかけで、妻子がいながらも愛人(ミキ)がいることを知りショックを受ける。
反発心を持ちながらも何度もライブへ通い、そのプレイへの感動と人柄に惹かれ憧れの男性だと意識する。
初めて見たYさんのライブで会ったアマチュアカメラマン彩子と、横浜で偶然再会し、飲んで語り合い別れた後、帰ったはずの彩子が私の宿泊先ホテルフロントへ来ていた。
・・何故・・?(以降下記本文でお楽しみ下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は急いでロビーへ降りていった。

フロントの場所を避けるように彩子が小声で言う。

「電車に乗ってから、コインロッカーの物を取ってくるのを忘れたのよ!。
兄貴が今日家にいないから鍵がいるのに、その鍵がコインロッカーの中でね、慌てて電車で戻ったらもうコインロッカーのある場所は柵で閉まってたの・・。
ホント、申し訳ないけど泊めさせてもらいたいんだけど・・」

私「そうだったの!、じゃあおいでよ」

あれ?どこかであった話に似ている(笑)
2部にあった由美子の話からは随分経ってて、この時はすっかり忘れてたけど今書きながらそう言えば逆の立場だったんだって気づいた。

彩子は疲れきっていた。
「ほんとにごめんね。どうしようと思ってたから・・」

私「いいよ。一緒の方が楽しいし」

彩子は明日朝早く出なきゃなんないというので先にお風呂に入ってもらった。

私「私、お風呂が長いし、Yさんに手紙を書きたいから、先に寝てて」

今日の感激を今溢れる思いを、綴らなきゃ気がすまない状態だった。
私はお風呂に入ると、今日のライブの素晴らしさを思い出しながら感動に浸っていた。
‘Yさん、カッコ良かったなぁ・・’私の中で今まで一番の晴れ舞台。
今まで見たことのない姿、今まで聴いたことのないプレイ。
思い出すだけでゾクゾクする。

‘トントン’ユニットバスのドアを叩く音。

彩「ごめ〜ん、トイレ使いたいんだけど・・。お風呂中で悪いけど我慢出来なくって・・、いい?」

慌ててタオルで床を拭く。
「ちょっと待って・・。あ、いいよ!」

バスタオルを巻き付けようと手にしたところ、彩子は入って来た。
彩「あっ!、ご・・めん・・」

私「・・あ・・、いや私こそごめん。お風呂が遅いからよね」
素っ裸を見られてしまった。
急いでバスタオルを巻き「トイレの間、部屋の方にいとくね」と言った。

‘ハァ〜・・。彩子、なんか目つきが・・’
ごめんと言いながらも、避ける目でなく、私の体を舐めるように見たのだ。

トイレから出てきた彩子。ドレッサー前から立ち上がった私を突然抱きしめた。

私「な・・、何するのよ!」
バスタオルが落ちた。

2004.07.14


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや