誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第24回

あんなにムカついてたのに


彼女も一瞬驚く顔をした。

私「・・ひさしぶり・・」一瞬硬直、作り笑いだったかも。

(↓さとう珠緒風に)
ミ「あっ、また来たんだぁ〜。この前あんなに言われてたから(他のミュージシャンに)もう来ないかと思ってたぁ〜」

・・ムカ〜っ!!
それを普通に笑顔でサラっと言うミキ(呼び捨て)。
フンっ、覚えてないのか、その時オメーは目の前で聞いてただろうによ。

私「えぇ?、前にYさんに今日のチケット買ってあるから‘また行きます’って言ってたしね」

努めて冷静に、少しの笑顔で答えたつもり。

ミ「大阪ってどこ行っていいのかわかんないなぁ〜!あ〜おなか空いちゃった。どっかに食べに行ってくるね」

‘・・ね’って、そんなこと言わなくってもよろしい。商店街に消えてった。
ハァ、フゥ〜っ・・(汗)なんとも言えないキャラだ(笑)

第一印象からちょっと甘え系で我侭なイメージだったが、今日の最初の一言でますます印象が悪くなった。
同性にチクっと皮肉るイジワル性がいかにも愛人的だ。
Yさん、なんでまたこんな女がいいの?
好感持てそうないい感じの子が愛人だったらまだ許せるんだけどなぁ・・
今回も一緒か、ほんとヤーだなぁ。

リハの音が止んだ。少しすると今度はYさんが現れた。
この前もらったはがきに感謝し、少し立ち話した後、Yさんも「ご飯を食べてくる」と言いこの場を去った。きっと先に出たミキちゃんと落ち合うのだろう。
1時間近く経ってか、やはり2人で戻って来た。
その頃にはもう5人位客が待っていた。
Yさんに差し入れのチーズケーキを手渡した。ミキちゃんも嬉しそう。
彼女も食べるのかと思うと悔しいのだが・・。
打ち上げも誘われたが終電がヤバイので帰ると告げた。
誘ってくれたのは嬉しいけど、やっぱミキちゃんもいると楽しくないよ。

最初っから色々思わされたものの、ライブは最高に楽しかった。
Yさんのプレイを見るたび、圧倒的なテクに驚かされる。また見たくなる。
それがどうゆう訳かYさんの関西公演がこのところ多く、次回が3週間後にあるのだ。もうミキちゃんの存在を考えても仕方がない。
私は単にYさんを見たいの、純粋なファンなのだ。次回も出かけることにした。

3週間後、ソロライブの日。
はやる気持ちでまたしても早めに来た。
ライブハウスに入ると、まだ誰も客はいない。
前の方の見やすい席に座って飲み物と食べ物を注文した。
後ろを見るとあっ、奥のカウンターにYさんがひとりでいる。
少し席で飲んで食べてから奥の方へ行った。

私「こ、こんにちは」
今日はひとり?ミキちゃんは来ないのかな?、来なければ嬉しいけどなぁ・・
なんて尋ねられない。ひとり飲んでる姿が、なんだか寂しそうに見えた。

Y「よっ。今日はなんか雰囲気が違うね」

私「大人っぽい店って聞いてたから、着てくるものもかなり悩みました。
普段こうゆうカッコしないから、かなり緊張してるんですけどぉ〜」

前回、前々回はロングスカートとGパンだった。
この日はミニスカートをはいて来た。この時は深く考えてなかったけど、後で思えばきっとミキちゃんに負けたくない!って意識があったのかと思う。
でもどう見てもミキちゃんが私よりきれいだから、所詮そんなカッコをしたところで勝てる訳がない。姿が見えなかったのが救いか。
少し話して、注文したものが置きっぱなしなので自分の席に戻ろうとすると・・

Y「向こうにあるのをこっち持ってきて、ここ座ったらエエねん」

私「えっ、いいんですか?」

他に客も誰もいない、私もひとり。
初めて来る店でちょっと心細かったから、そう言ってくれたのが嬉しかった。
かばんだけ向こうに置いて、テーブルに置いてた食べ物と飲み物をYさんの隣に持って来た。楽しい!話が弾み、名刺をもらった。

ライブが始めると自分の席に戻った。私のリクエストを最後にやってくれた!
しかも最後、Yさんは通路ですれ違う時に手を挙げ、思わず出た私の手とバチっとタッチ♪して、頭をなでられてしまった。
あー、恥ずかしいっ!。ドキっとしたけどとても嬉しかった。
とうとう最後までミキちゃんは来なかった。
終演後Yさんにお礼と感激で胸がいっぱいの気持ちを告げ、
楽しくって帰りたくないと思った。

私「じゃあ私、そろそろ・・」

Y「もう帰るの?」

2004.06.13


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや