誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第23回

音楽が汚れてきこえてたけれど


ホテルへ帰った私と朱美も、終始Yさんと愛人の話が尽きなかった。

「も〜お、折角いい演奏やったのに・・。あんな醜態曝け出してYさんサイテー!」私の怒りとショックは収まらなかった。

逆に朱美は「ミキちゃんにはもう呆れを通り越して、アッパレやん!って感じ(笑)」なんて言う。

私「そりゃあ朱美はYさんのファンじゃないからそう言えるんとちゃうの?」

朱「ううん。私がすごいファンの人がもし同じだったとしても、そんなに腹は立たないよ、ま、しゃーないか・・って感じかな。
それとミキちゃんが堂々としてて、それが凄いなぁって」

私「うぅ〜ん・・まぁ、愛人はいても仕方ないと思おう。でも不倫よ。
堂々として、聞きたくない話をファンの前で平気でして、ラブラブぶりを周りに見せつけたっていうのが腹立つんよ。全然罪悪感ないって感じやし。
ファンも多かったのに、愛人連れてきたかったらわからんよう、こっそりちょっと離れておるとか、周りに気ぃ使ってほしかったってことやねん」

そしてナント、Yさんがあと2週間後に大阪にやってくることが決まっていた。
今回のライブを見る前に、先に大阪のチケットをGETしていて、Yさんにもさっき「今度の大阪も行きます」って言ってしまってた。

雑誌の記事を見てまじめで心のキレイな人と思い込んでしまってた。
哲学的なコメントがあり、もしかして・・「どこかの宗教信仰してますか?」
なんて思わず尋ねてしまって「ううん、無宗教」と笑ってくれたが、初対面から何とも不躾な質問をしてしまった。でも無宗教だからちょっと安心した。

最初にメディアやCDだけで捉えてたイメージと180度ものギャップに驚き戸惑い、帰ってからYさんのCDを聴くとライブの日の出来事を思い出し、頭が混乱してしまう。仕事中でさえ頭から離れない。音楽が素晴らしいだけに悔しい。いきなりファンをやめようかとまで考えてた。

後日、可愛いイラスト入りの絵はがきが私宛に届いた。
差出人はYさんだった。

「えぇ〜っ!、うそぉ〜〜っ!!」

Yさんからの絵はがきは、意外にもYさんの可愛いイラスト入りだった。
先日のライブで知りたかった曲順や、質問の答えと‘ありがとう、また来てね’と書かれ、Yさんの住所が印刷されていた。
まさかそんなことをしてもらえるとは夢にも思わなかった。嬉しい。

朱美にこのことを報告すると同じく喜んでくれ、いつまでもそんなこと(愛人問題)にこだわってYさんのファンやめるなんて、それほどのことなの?と言われた。

私はYさんの奥さんでもなければ、そんなことを本人に言うことも出来ない。
あくまでYさんの音楽が好きで聴いているんだ。
直接音楽と関係ないプライベ−トなことで腹立ててどうするの?
そんなことでファンやめるっていう程、Yさんの音楽はたったそれだけの価値でしかないものなの?・・と自問自答を繰り返していた。
恋愛感情はない。
憧れでキレイなイメージを持ち過ぎてたからこそショックだっただけ。
以前のTさんの苦い思い出もあったことだし、ミュージシャンのプライベート云々の姿で聴くのをやめるなんて・・なんて狭い考え方かと。

前のライブから2週間後のライブ、行くのもためらってたものの‘またミキちゃんも来るのかな?’って気になったけど・・
はがきも貰ったし、またYさんに会いたい、聴きたい。
この日整理番号もないし、いい席で見たいし、開場前に直接話そうと思い、6時開場7時開演なのに4時半には着くように出かけた。

‘そうだ、早めに着くから差し入れでも買って行こう!’
お気に入りのチーズケーキを買った。予定通り4時半に到着。中からリハの音が聞こえてくる。暫く入り口の前で待ってると中から女性が出てきた。

私「ああっ・・!」

あの‘ミキちゃん’だあ〜!!

2004.06.05


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや