誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第22回

憧れのミュージシャンに愛人が


暫く時が経ち、ある雑誌の記事を何度も穴が開く程読み、気になってたCDを購入したところ、記事どおり癒され、感動したものがある。朱美という音楽友達が出来、京都へ一緒にライブを見に行くことになった。朱美は四国出身。私も連休を久々にとれたし、打ち上げも最後までいたいので一緒にホテルを予約した。彼女は特に私の気になるミュージシャンのファンという訳でないが大体、好きなジャンルが似ている。

気になって気になって仕方がなかったギタリストY(仮)さん。今日のこの日はやっと目の前で初めて見られる。しかも小さなライブハウスなので直接話すことも出来る。早速ファンレターを書いた。どんなことを質問しようか、CDジャケ持って行ってサインを貰おう、写真を撮らせてもらおう!・・こんなにワクワクドキドキするのはどれくらいぶりだったか。ライブが始まると、聴いた、見たことのない衝撃とインプレッション。

しかしYさんが休憩中、終わってからでも隣にいる女性がいた。初めはマネージャーor付き人?かなと思ったけど、なんか態度が馴れ馴れしい。打ち上げの席で体をくっつけ、頭をYさんの肩へともたげて嬉しそうにしていた。

‘あの女性は誰やねん?・・ナンだかなぁ・・’

終演後、朱美と遠巻きにYさんの様子をチラチラ見ながら
「あの人(女性)、もしかしてYさんの“ぁぃじん”じゃない?」
こっそり朱美に耳打ちした。
苦笑いしながら「そうかもね」応える朱美。

「あ〜・・、Yさんにそうゆう人がいるとはね・・、お客さんもぎょーさんいるのに、何も隠そうとかしてへんね、堂々してて、こっちが見て見ぬフリっつーか、気ぃー使ってまうよなぁ〜・・」

かなりショックだった。以前のTさんはあくまで妄想、噂の域を出てないことばかりだったが、初めて見る憧れのYさんを目の前に、こんなショッキングな現実を目の当たりにさせられてしまって、Yさんにどう近づき、話し掛けていいのか?わからない。Yさんは当時41歳位だったか、妻子もちである。隣にいた彼女らしき女性は長い黒髪、色白で細身の美人だった。

私「朱美、どうしよう・・、なんか話し掛けにくいよね」

朱美「でも、他の人も話し掛けに行ってるよ。大丈夫、サインも写真も。ほら、
してもらってるよ!」

私「そうやね、勇気出して行こう!」

Yさんの前。雑誌の記事を見てから気になりCDを買って毎日聴いて感動して、やっと初めて見ることが出来て感激だと。この日演奏した曲で気になった曲のことも聞き手紙を渡した。雑誌のインタビュー記事とはイメージが違ってて気さくで面白い人。Yさんは私の目を見ながら嬉しそうに聞いてくれた。そしてCDジャケにサインを貰い大満足。隣の愛人も何故か嬉しそうに聞いていた。

「それ、いいよねぇ〜」私の差し出したジャケを見て言う愛人。

‘なんやねん!あんたに話し掛けてへんっつーの!’

心の中の思いとうらはらに多分引きつった笑顔で愛人を見た私。ミキちゃんと呼ばれてた彼女。見た目は20代後半?30代初め??わかんない。

その後、一旦場を離れたが朱美と愚痴ばかり言っていた。朱美いわく「ミュージシャンやもん、モテるよ。ホラ、芸の肥やしってよく言うでしょ。インタビューやCDが良かったからって、風子が勝手にキレイなイメージ植え付けてたん。そんな落ち込む程のことじゃないよ」

しかし、まさか愛人連れで来てたとは。彼らはちっともこそこそしない。周りもフレない。当たり前のような雰囲気がちょっと見苦しい。いくらお酒が入ってるからって、私の前で海外の音楽祭にも一緒に行ったと言う、そんな話が聞きたくて来たんじゃない。ラブラブなとこを見せつけられてしまった。

酔っ払った他のミュージシャンに捕まり、皮肉にも毒舌トークで絡まれたというか、苛められた。そのミュージシャンは普段からそうゆう人って思ってたからまぁ楽しかったけどね。

Yさんより一足先にホテルへ帰った愛人。後、Yさんがホテルへ帰る時、まだいる他の共演者に「Y、何処へ行くの?」と聞かれ「天国!」と満面の笑顔で答えて去って行った。周りの共演者やスタッフは爆笑。

‘やっぱ同じ部屋なのか・・、あ〜、想像もしたくない!。Yさんて真面目で清らかな人かと思ってたのに・・なんちゅー人や・・’イメージ最悪。

2004.05.30


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや