誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第21回

由美子の秘密だった、その後/第三部へ


‘やっぱヤってたんだ・・!’

しかもあいつら、タオルを使い果たしてるっ!このやろぉ〜!!
同じタオルで拭きたくない、気持ち悪い。
仕事場に向かう身支度をして少し時間があった。
由美子はまじで爆睡している、いびきをかいてる。
ドア下に新聞が入ってきた。そおっと開いて少し見た。
寝る前に置いた一万円札を財布にしま い、50円だけを置き、メモ用紙に‘このド×ケ×女!’と殴り書きし新聞の間に挟んでドアの下の元の位置に戻し、部屋を後にした。

全く・・由美子の男友達って、そうゆう関係ばっかりなのか?
つるんでヤってしまうことが日常だったのか・・?

確かに彼女は美人の部類。色白でスタイルもいいし、声も可愛い。
彼女でないにしろ、由美子に好意を持った男がいるのはわかるが、あんなブ男(二人とも見ても全然、カッコよくなくって由美子に不釣合いな感じ)に許す由美子の気持ちが理解出来ない。
以前話してたタイプの人とは全然違うし。
でも由美子はそれを受け入れているのだから、今回のことが初めてではないはず。しかしそうゆう趣味自体を否定するつもりはない。
女が突然誰かに抱かれたい、Hしたいって気分になることがあるのもわかる。
しかし突然ではない、計画的だった。
私が側にいるというのに、あんなことが平気で出来る神経。
コンサートの後の感動に浸りながら寝たい気分をブッ壊し、恐怖にかられどうしようもない怒りを覚えた私の気持ち、どうしてくれるの?

彼女も私が気をついてたのを察したのか、部屋代のことを言ってくることもなく単に「この前はごめんね」と書いた短い手紙をよこしただけだった。
後で問い詰めることもちょっと考えたが・・事実を聞くのが怖かったし由美子を困らせたくなかった。
由美子は友達だから・・と思ってたし、ファン同士だからまた時々顔を会わす関係なので、この‘事件’はなかったことのように忘れようとも考えた。
悪びれる様子もなく何事もなかったように明るく話してる由美子。
別れて帰った後、なんだか余計に怒りが込み上げてくる。
やっぱ顔を会わすのがイヤになってきてた。
他のファン友達にも言ってやろうかとまで思いかけたけど・・
とても複雑な気持ちで苦しかった。

その後、Tさんがとある新興宗教を信仰しているという事実がわかった。
そして由美子も実は信仰していたのだ。ショックに追い討ちをかけられた。
そんなことからTさんに対してのファンである気持ちも薄れかかってきた。
私は無宗教。以前、親類との間でモメたことのある宗教だったこともあり認めていないからほんとショックだった。
以前由美子は、ある彼の歌の歌詞に、例の宗教の教えの言葉に似たフレーズがあると言ってたことがあった。だが、信仰してるとも聞いてなかったのであまり気にしてなかった。
音楽も人柄も、その信仰から生まれている部分が大きいのだと思った。
由美子の許せない行動とTさんと由美子が信仰してる新興宗教。
由美子とは距離を置いた、Tさんの追っかけもやめてしまった。
Tさんの曲を聞くとそれらの苦い思いを呼び戻し、聞くのが苦しくなってきてたから。Tさんの音楽は悪くないのにね。


【その後・・】

この後、数年ぶりで2度ほど電話がありましたが、やはりというか・・
近況報告で彼女はまだTさんのファンで、ここに書いた話はないまま色々話して暫くすると・・

「もうすぐ選挙やん、風子の地区では○○さんが立候補してるんやけど、私この人応援してるから投票してほしいねん」って言うんよね(苦笑)
よく組織票の多いって言われてる政党ね。私、そーゆーお願いされるのって大嫌い。

「久しぶりに電話してきたってゆーのは、やっぱそうゆうことやったんやね。
大体、何で私の意思でこの人って思う人に投票したいのを、何でそうお願いするの?。○会信者でもない人にそんなことするから○価○会ってイヤやねん!」
言い放ってやりましたわ。
・・あ〜、でもまたコレで読者を減らしたな(爆)


次回からは第三部。
またも追っかけになるけど、今度の追っかけはチト違う。
かなり突っ込んでます、かなり突っ走ってます。本気で恋をします。
本当に誰にも明かしてなかった話がやっと出てきます。
恥ずかしい、密やかな女心、恋心の機微を描いていくつもりなので、女性にももっと読んでもらいたいな。
先をちょっと書いたけど、書きながら久しぶりに胸が熱くドキドキ、ときめく感じでした。風子が大胆に変わっていくストーリーです。

2004.05.24


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや