誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第17回

コンサート、思わぬ外泊


後日、Tさんのコンサートへ由美子と出かけた。
住んでる場所(関西だってわかるよね?)から隣の県でのコンサートだったので、終わったらすぐ帰らなきゃ終電に間に合わない。
由美子は私の住所より遠く、コンサートが終わる時間で見繕っても帰られるかどうかが微妙だったので、会場近くのホテルに泊まることにしたのだと。
しかもそのホテル、Tさんが泊まる予定?かとリサーチ済みだった。
前回話に出たバーで、マスターでないスタッフがこっそり、常宿を教えてくれてたのだ。
「他の子に言ったらアカンでー」って言ってたけど、そない言うて他の子からも聞かれたら答えてたんとちゃうの(笑)?!

そこは高級ホテル。普通に泊まったらめちゃくちゃ高いのだ。
以前はビジネス仕様のホテルだったそうだけど、ここ数ヶ月前からそのホテルに変わったそうな。
「さすが売れたら違うねぇ〜!」
知名度も上がり、FMのヘビーローテイションに選ばれたお陰でか、ヒットもし、CDショップでの扱いも目立つようになってきていたもの。

コンサートは大盛況のうちに終了。
少し長めだという評判どおり、タップリ楽しめた。
でも追っかけなので、このコンサートツアー、行ける機会は旅行までして追っかけてるので、もう即に数回同じコンサートを見ているのだ。

私「良かったね〜!」
由「うん!すっごく・・」
会場を後にすると即、例のホテルのロビーへ。そのホテルと会場は驚く程近い。
ラジオ番組で泊まる宿がそこなのはいいとしても、コンサートで泊まる場所が目の前のホテルだって、そんな所でいいの?って感じ。
バンドのメンバーは陸橋を徒歩で渡ってホテルへ向かってたから、知らなかったファンにもモロばれやん(笑)!
Tさんだけはなぜが車で移動してた。ま、一番ファンが多いからね(笑)。

私「由美、よかったね、ココで。もしかしてTさんだけ違うホテルなのか?って思ってたし」
由「勘が当たって嬉しい〜。でもどきどきするわ〜!」
Tさんを見たものの、急いでる様子だったので声をかけることが出来ず、そそくさとマネージャーとエレベーターで上がってしまった。
私「あ〜あ・・。ちょっと話したかったね」
由「まぁ〜・・、まだ話せるチャンスはあるわ」
私「そうやね、由美はね(笑)。で、この後どうする?」
少しは時間あったので由美の部屋で寛がせてもらうことにした。
流石、高級ホテルだけあって素敵な部屋だ。
由「Tさん、ココと同じような部屋に泊まってるのかなぁ〜?」
私「どうかなぁ?、メインのアーティストやから、もう1ランク上の部屋なんとちゃう?。ダブルベッドやったりしてね(笑)」
由「キャ〜〜〜ッ(笑)!でもダブルだったら一人で寝るのも寂しいかもね」
私「ふふ。由美ったらぁ〜!」

そんなこんなでおしゃべりが盛り上がり、時計を見るのも忘れてしまってた。
私「あっ!大変!!どうしよ〜・・」
ココにいるタイムリミットを超えてしまってたのだ。もう家には帰られない。
由「あ〜あ・・、もう間に合わへんの?」
私「う・・ん。ごめ〜ん、悪いけど泊めさせて」
由「い、いよ」

由美子の返事が困惑気味に感じた。


こんにちは、響風子です。
実は・・最近気になってることなんですが毎回、少しずつ発行部数が減ってきています。数字が出ちゃうとやっぱ気にしてしまいます、わからなければ気にせずに済むんだけどね。
忌まわしい過去の話が終わって面白くなくなってきてるのか?期待してた内容と違ってきてるのかな?由美子とのおっかけ話が細かくってかったるいのかな?それとも読みにくい?エッチな話を期待されてるのかな?いつそんな場面に遭遇するか・・?色々読者の気持ち、考えてみました。エッチな場面はそのうち出てくるし、これからスリルが増してきますよ。
感想や気になることなど、もしよければメールを下さいね。ではまた来週。

2004.04.21


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや