誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第16回

ファン心理


Tさんが番組で語っていた、行きつけのバーへ由美子と行こう!ということになった。ファンは少しでもTさんのことを知りたい、そしてそのTさんの知ってる人へTさんの裏話を聞きたいものだ。
バーのマスターは色々話してくれたけど「ここでは話せない話もいっぱいあるからな・・」と意味深な苦笑でお茶を濁された。話してほしいとかなりお願いしたけど、当時はどうして話してくれないのか?としか思えなかった。
ファンの夢を壊す・・今思えばきっと女性関係の話だったのかな?と。

私は痩せ始めていた。
ファッションもやっとブーツにミニが履けて、女らしいファッションにようやく目覚めてきたようだ。
由「最近、変わってきたね。恋でもしてるの?」
私「うん。Tさんにね(笑)それが最近ね、Tさんの夢を見てん!手つないで♪めっちゃ嬉しかったよ〜」
由「そうやったん、エエね。私も見たいけどナカナカ見れへんなぁ・・」
私「パジャマを裏返しにして着て寝たら見られるって、なんかで聞いてな、やったら見れてん!でも続けてやったら2日目はアカンかったけどな(笑)」
由「そうなん?!早速やってみるわ!!」
私「そんでね、そんでね・・」
由「なによぉ〜?」
私「Tさんとね・・、キスしてん!」
由「ええ〜〜っ!、よかったね〜」
いえいえ、実際夢は見たけどキスまではしてない。
勢いに乗っかってキスまでしたなんて言ってしまった(笑)
まぁ夢の話だからエエか(笑)どうせそんなことありえないんだから。

由「でも風子、そうゆう関係イヤって言ってたんじゃないの?」
私「そうだったけど・・」
由「そうじゃなくなったの?えっ?(笑)」
私「うぅ〜〜ん・・まぁ、そうかも(照笑)。ま、夢の話だからね、想像するのが好きやし。Tさんの声が好きやねん。あの声で囁かれたらもぅ〜たまれへんねんよぉ〜!!」
由「あはははははは!!そっか、風子。よかったねいい夢見て・・っつーか風子もやっぱそんな気持ち、わかってきたんやね」
私「でも・・、不倫はやっぱりイヤやよ。あくまでもこれは想像の世界やよ。
実際にこんなことになりたくないっていうか、怖い」
由「そう。想像だけだったら、いくらしても構わへんで。想像がまた楽しいやろ?私も時々想像する。もしTさんと・・って、歌聴いてる時、♪〜あなただけもっと知りたくなる〜♪もっと感じたい・・〜♪ってフレーズあるやん、あそこ聴くたびにキュ〜〜ンってなるもん。」
私「なるよ私も!」

Tさんの声にKOくらってしまった者同士だからこそ通じ合う気持ち。
他に私が好きで聴いてる音楽でも、そこまで思えるものは当時まだなかったけど、音でその歌手やミュージシャンがとても素敵な人に思えてしまうものだ。
シンガーソングライターであれば、キレイな声、歌詞もロマンティックだったらこの人はきっとそのピュアな感性、心もキレイな人だろうな・・ってね。

昔からそう思い込む‘クセ’はって、今は言えるけど、当時は思い込みが激しく、この人程カッコイイ、素敵な人はいない・・って本気でイメージだけで全てそんな人だと信じきっていたのだった。大体、由美子も含め、追っかけに命をかけてる(?)そんなファンって彼氏がいない。
逆に男性でアイドルの追っかけをしてるオタク系の男性だって大概彼女がいないかなと思う。由美子と話してても男の話だとTさん以上の男はいない、あくまでTさんが一番!なのだ。

モテない以前に自分から出会いの機会を逃してしまっている。
けど、現実ムリとは解っていてもその相手が好むスタイルになりたい。
追っかけで目の前‘いい女’だと見られてみたい・・、以前一人で来てた子は元からそうゆうファッションが好きでしてるのならそうと言い切れないけど、少しでも意識して、そんなカッコしてたんじゃないかな・・?
きっとわかった。やっぱり私だけを見て欲しい、私が一番印象に残りたい!
それはファンとしての女心の極みでないか?
以前の私は、見苦しく僻みしかなかったことにやっと気が付いた。

2004.04.12


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや