誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第5回

どうなっちゃうの?


感じてしまってるのを悟られてしまわないよう苦しむ反応をすることが、素直に苦しい状態よりも苦しい。

暫くバイブで弄ばれた後、そいつは男性自身を入れれようとしてきた。

私「いやああ〜〜!!さっきも入れられて・・もうしたくないっやめて〜!」
男「それやったら舐めてくれる?」
私「えっ?」
男「こうやって!・・さあ・・」

男性自身を顔に近づけられ、口元に来ると気持ち悪くってたまらず、触れないように唇をグッと内側へかみしめ、歯を食いしばってたのだが・・。

男「さあ、入れるのがイヤなら口に入れて舐めてや〜!」

究極の選択。どっちもいや!どっちも選べない・・妊娠がいやだからじゃあ口ならなんて、そんなおもちゃじゃない。しかし私の迷いと抵抗を受け入れる暇などそいつにはない。

私「妊娠だけは避けたい・・」
男「ほんならさあ口開けて!」

それでも必死に私は歯を食いしばって開けないよう踏ん張ったが、ヤツは無理矢理押し込む。生ぬるい、臭い異物が歯に当たった。

私「おえええ〜〜〜〜〜〜っっっ・・!!」

条件反射で口から押し出した。気持ち悪くって戻してしまうような感覚になった。

男「こらあ〜!ちゃんと舐めろよ!!」

そしてまた、無理矢理口の中に押し込む。口の中の異物に触れないよう、必死に舌をじっと口の中の底に縮め、歯も動かさないようにしていた。唾は溜まってくるし、口の中のパーツが凝ってしまいそうな位に。苦しい・・。そんなことはおかまいなしに動かないからか、ヤツは自分で腰を振った。そのタイミングで又私は吐き出した。溜まった唾と一緒に。

私「気持ち悪くって出来ひんわ!」

しかしそいつはちょっと気持ちよくなりかけていたようだ。

男「あ〜・・もうええ!」

諦めたのか?自分でさすって悶えていた。初めて見る男のオナニー。あっ、さっきヤツの異物、グッと強く噛んでやったらよかったかなぁ・・なんて後で思った。けどもしそれでそいつがキレて、見張りの男と共に私に危害を加え、最悪の結果を招いていたら・・と考えた、悔しい。

男「あああ・・・!!!」
私「いや〜〜〜んっ!!!!」

な〜にこれ・・?!白い液体が私の顔に、体にかかった。どこからかティッシュをヤツは取り出し拭いて、私の汚れも拭いてくれた。男はさっきまでの殺気立った雰囲気から一転、スッキリした表情。私はティッシュで気持ち悪い液体を拭きまくった。終わった・・。

しかしこの後、車は何処へ行くのか・・?もしかして殺されて捨てられてしまうのかもしれない。その思いいっぱいで違う恐怖感が押し寄せてきた。ヤツらは一仕事終えて本当に満足そうに見えた。私は裸のままだ。何も服をとってくれやしない。自分で暗い車内、手探りでパンティやブラを探し急いで服を着た。

これが処女喪失だったのか・・泣いても悔やんでもきれいなままの体は帰ってこない。服を着終わって少し考える余裕出来た途端、空しさと悔しさ、怒りでどうしようもなく泣きじゃくっていた。ちゃんと家に帰られるのか?親になんて顔を合わせればいいのか?ああ、こんな過去を背負うくらいなら、もういっそのこと殺してくれた方がいいのかもしれない・・なんても考え、頭も体もはちきれそうなくらい苦しかった・・。

「私どうなっちゃうの?ちゃんと帰してくれるの?」

2003.12.03


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや