誰にも言えない私の秘密 -響風子-

普通の地味な女の変貌記。忌まわしい過去を前向きに変えたものは?。レイプ、ファンである人との夜、借金から始めたホステス、人には言えない仕事?こんな経験をしてしまうとは!濃いぃー秘密をリアルに告白。

風俗噺カテゴリ
ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア
 
響風子ご案内
マガジン発行履歴
響風子自己紹介
あなたもライターになれる
 
響風子のエッセイ

41

ナイショの仕事8【ホステス2】

40

不倫?ファーストキッス

39

ナイショの仕事7【撮影モデル1】

38

緊張、言うことが出来・・

37

ナイショの仕事6【出来なかったことをやろう?!】

36

言えるかな?

35

ナイショの仕事5【印象深いお客さん1】

34

みどりの説得

33

ナイショの仕事4【会社を辞めよう!】

32

恥ずかしいファンレター

31

ナイショの仕事3【ホステス1】

30

危険な女

29

ナイショの仕事2【テレホンレディ1】

28

真夜中の衝動

27

新シリーズ・ナイショの仕事1【きっかけ】

26

本音で語り合った夜

25

どうしてこんなに気になるの

24

あんなにムカついてたのに

23

音楽が汚れてきこえてたけれど

22

憧れのミュージシャンに愛人が

21

由美子の秘密だった、その後/第三部へ

20

狸寝入りの恐怖

19

由美子の友達は・・

18

メールのお返事と今後のあらすじ

17

コンサート、思わぬ外泊

16

ファン心理

15

この声だけでエクスタシ−/牡丹と薔薇最終回

14

牡丹と薔薇/Tさんの正体(ブレイク)

13

夜の大食症

12

ファンに手を出すのって・・オイシイ?

11

○○=友情?妄想?嫉妬?葛藤?

10

追っかけファン女同士の○○

09

レイプの告白。質問します!(ブレイクPART2)

08

初めての産婦人科で・・

07

セカンドレイプ

06

悪夢その後

05

どうなっちゃうの?

04

ブレイクタイム

03

感じちゃあダメ!

02

恐怖・不安・絶望感

01

「助けてぇ〜!」

00

プロローグ・女は変わる!

第1回

「助けてぇ〜!」


ごくごく普通の家庭に育った私。

3つ上の兄がいて、妹で長女。
チビでデブでおとなしく、子供のころからよくいじめられていた。
女である自覚なくコンプレックスの塊だった。
そんな色気ない私は高校を卒業後、憧れてた雑貨会社へ就職し直営店の店員になった。
女らしいことが苦手で、彼氏が欲しいと思うこともなかった。
ファッションはいつもダボダボのGパン。素顔のまま。
‘自分には似合わない・・’と頑なに化粧を拒み続けていた。
元々童顔でいつも実際の年齢よりも若く見られていて、中学2年まで実は子供料金で切符を買っていたのだから・・!

しかしとある男性ミュージシャンには憧れを抱いていたのだ。
でも、当時好きだったミュージシャンのことを知ってる友達はいず音楽雑誌やラジオ、そのミュージシャンのレコードを夢中聴きまくっていた日々。
仕事が忙しい毎日のほんのつかの間の楽しみは大好きな音楽を聴くこと。
そんな地味な日々を送ってた矢先、いつものように私は仕事を終え電車に乗りこんだ。
いつもより早く上がることが出来たので、最寄り駅から普段はバスに乗るところを家まで歩いて帰ろうと思った、所要時間15分。
6月の蒸し暑い夜7時過ぎだったか・・交通量もそこそこある。
たまに歩いていたこともあり、何の恐れも抱かずスタスタと歩き、あと家まで5分となった辺りで、車がゆっくりと私の側で止まった。

車から一人の男が降りて来た。
ひとつ先の駅名を言い、その場所へどう行けばいいのか?と言う。
私は方向を指刺し、説明したがわからないと言う。
そうしていたら助手席に乗っていたもう一人の男が降りて一緒に説明を聞いてたのだが私がまたその方向を指差し説明中にもう一人の男が背後から口を塞いだのだ!

「た・・すけて〜!」

言いかけても塞がれては聞こえない。誰も他にいない。
ただ民家が側にはあった、せめて近くの家へ届け!気がついて!・・祈る気持ちだった。
彼らは目撃者を作らないよう、タイミングを見計らって拉致するつもりだったのだ。

今にして思えば、道を尋ねるのにわざわざ車から降りしかも同乗者まで降りて来た、男2人なんてどう考えても不審なはず。
それに何の恐れもなく、普通に応対した私はなんて・・!!

必死に抵抗したもののそのまま車の中へ引きずり込まれた。

2003.10.05


響風子

誰にも言えない私の秘密



 

 
たまごやの新着


創刊:2003.09.25

更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや