バイセクシャル“はるか” -大月はるか-

最も身近な異世界、新宿2丁目。そこを夜な夜な闊歩するバイセクシュアルの私。女の子同士の恋愛を体験して、今まで見えなかったものが見えてきた。あなたもこの異世界、ちょっと覗いてみませんか?

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア

大月はるかご案内

大月はるか自己紹介

あなたもライターになれる

新着エッセイ

発行部数と履歴
09 同性愛者が親になる時
08 女が女の裸を見るのは犯罪か?
07 自殺未遂とタトゥー
06 あの頃
05 差別
04 踊るレズビアン(2)
03 踊るレズビアン(1)
02 初恋
01 2丁目ガイド

00

『2丁目デビュー』

第0回

2丁目デビュー


 私が初めて2丁目に足を踏み入れたのは、16歳の時だった。 その時の第一印象は、ああ〜、なんて楽しそうな所なんだ!! というものであった。

 私は14歳の時からバイセクシュアルで、女の子とも何度かつきあったことがあったが、それはあくまでも、人から隠れてのことだった。だから、男同士や女同士のカップルたちが、「それが当たり前でしょ」という顔をして、手をつないだり、腕を組んだりして歩いているのが、なんとも魅力的に映ったのだ。

 立派なスーツを着た、会社のお偉いさんみたいな男の人が、若い男の子と腕を組んで歩いていたり、本当に普通っぽく見える女の子同士のカップルが道端でいちゃついていたり、この街には世間の抑圧も、それが良しとされている常識も、届いていないように思われた。

 2丁目には、こんな言葉がある。「2丁目に捨てるゴミなし」。 つまり、この街には様々なセクシュアリティと性癖(というとちょっと失礼かな?)を持つ人々が集まっているから、誰でもどこかにひっかかるという意味だ。デブ専あり、SMあり、マメ専(小さい人が好きな人)あり、ブス専というのまである。まさに、捨てるゴミなし! 

 私は一目で2丁目という街を好きになってしまった。というより、初めて来たのに、なんだか落ち着いた。この街でなら、自分の居場所が見つけられると思った。女の子が好きだという、誰にも言えなかった気持ちを、ここでなら解き放てる。嬉しさのあまり、私は、

「2丁目デビュー!!」

と大声で叫んで、一緒にいた友達に恥ずかしがられた。

 その日、2丁目慣れした友達が連れて行ってくれたのは、女の子専用の、いわゆるレズバーだった。そして私は、そこのボーイッシュなかっこいい店員さんに、あっという間にお熱をあげた。

 1998年、7月。私の2丁目通いの日々の幕開けであった。 

2004.01.03

大月はるか

バイセクシャル“はるか”



 

 

たまごやの新着


創刊:2004.01.15
訪問者数:カウンター
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや