バイセクシャル“はるか” -大月はるか-

最も身近な異世界、新宿2丁目。そこを夜な夜な闊歩するバイセクシュアルの私。女の子同士の恋愛を体験して、今まで見えなかったものが見えてきた。あなたもこの異世界、ちょっと覗いてみませんか?

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア

大月はるかご案内

大月はるか自己紹介

あなたもライターになれる

新着エッセイ

発行部数と履歴
09 同性愛者が親になる時
08 女が女の裸を見るのは犯罪か?
07 自殺未遂とタトゥー
06 あの頃
05 差別
04 踊るレズビアン(2)
03 踊るレズビアン(1)
02 初恋
01 2丁目ガイド

00

『2丁目デビュー』

第7回

自殺未遂とタトゥー


 年間で自殺する人の数は、交通事故で死ぬ人よりも多く、今は交通戦争ならぬ、内面戦争の時代だと言われている。私の中で起こった内面戦争の原因は、将来への不安、寂しさ、父や男の人への絶望感だった。いろんな苦しさを抱えて生きているより、死んじゃったほうが楽かも、なんて思い始めていた。だけど私は、それでも死ぬ覚悟ができていなかった。実際に死にたいというより、『死にたいほどの気分』になっていただけなのかもしれない。

 それで、興味で自殺サイトに入ってみた。同じ気分の人たちの言葉を聞けば、ちょっとは気分が晴れるのではないかと思ったのだ。
 そこで、私は一つの書き込みを見つけた。『父が嫌い。女の人が好き。自分が嫌い』 そんな書き込みだった。書いたのは私より二つ年上の女性で、隣県に住んでいた。
 私は彼女にメールを出してみることにした。
 翌日、彼女からの返信があり、メールのやりとりが始まった。

 彼女は一人暮らしの大学生で、死にたい理由は父親の抑圧と、自分がレズビアンであることだった。彼女は私よりも切実に自殺することを考えていて、彼女と話すうちに、私の死にたい気分は序所に薄れていった。

 そのうち彼女とは実際に会って話しをするようになった。彼女は決して美人ではなかったけれど、内面が繊細でかわいらしくて、私は彼女を好きになっていった。 彼女に死んで欲しくないと思った。だからこそ、自分も死ぬことを考えるのをやめた。
 出会ってひと月ほどで私たちはつきあうようになった。私にとって初めての女性の恋人だった。だけど、私とつきあうようになっても、彼女は死のうと考えるのをやめなかった。

 ある時、「今、手首を切った」と彼女から電話があった。もう深夜に近い時間だった。 隣県とはいえ、彼女の住んでいるところまではそれなりの距離があった。電車では到底辿り着けない時間だった。
 それで、私はタクシーを飛ばした。彼女の部屋に着くまでの二時間ほど、ずっと電話で話し続けながら。 着いてみると、彼女は以外と元気だった。顔が涙でぐしゃぐしゃになっていたし、精神的には辛そうだったけど、手首の傷も浅かったらしく、血も止まっていた。
 私は安堵すると同時に、少し苛立った。

 しかしそれから、そんなことが何度か続いた。そのたびに私は電車やタクシーや姉の車で、彼女のもとに駆けつけた。
 だけど、彼女はいつまでたっても死ななかった。彼女にも、本気で死ぬ気はなかったのである。手首の傷は増えていったけれど、どれも死にいたるほど深くは無かった。 だんだん、私は疲れてきた。
 考えてみると、彼女の死にたい理由の一つが、自分がレズビアンだということだったのだから、私とのつきあいは彼女の心に更なる矛盾と葛藤を作り出していたのだ。「レズビアンでもいいじゃない」と私は彼女に何度も言った。だけどそれは、彼女だけじゃなく、自分に言い聞かせている言葉でもあった。
 そしてつきあって三ヶ月ほどたった頃、彼女は入院した。病名は自律神経失調症。
 それを境に、彼女とのつきあいは途絶えた。彼女とは、最後までプラトニックな関係だった。

 寂しさと、肩の荷が下りたという安堵感、両方あった。
 私はいつのまにか、死ぬなんてことはまったく考えなくなっていた。死にたい人を励ますうちに、自分も励まされていたのだ。『レズビアンでもいいじゃない』
 その言葉は、私を楽にしてくれた。レズビアンとして、セックスなしで男の人を眺めてみると、男の人も怖くなかった。

 彼女と別れて一週間目くらいに、私は背中にタトゥーを入れた。小さなスズランの花だ。
 スズランの花言葉は「幸福が訪れる」。
 これから、レズビアンとしてポジティブになろうと思った。好きでもない人とセックスするのもやめて、幸福をつかもうと思った。

 反面教師的に私に力をくれた彼女は、今ではもう元気になって、大学を卒業してOLさんやってるそうです。私のほうはというと、タトゥーを入れてから、ちょっと強くなったような気がする。あれ以来、セックス中毒のような状況からは抜け出すことができたし、セックスしか頭にないような男に対しては、「バカなやつ」と見下すくらいの余裕ができた。だけど結局、距離をおいて眺めてみると男性にも魅力的な人はいるということに気づき、今はバイセクシュアルなんだけど。

2004.04.18

大月はるか

バイセクシャル“はるか”



 

 

たまごやの新着


創刊:2004.01.15
訪問者数:カウンター
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや