バイセクシャル“はるか” -大月はるか-

最も身近な異世界、新宿2丁目。そこを夜な夜な闊歩するバイセクシュアルの私。女の子同士の恋愛を体験して、今まで見えなかったものが見えてきた。あなたもこの異世界、ちょっと覗いてみませんか?

風俗噺カテゴリ

ゆいこの事情
by 河合優衣子
バイセクシャル“はるか”
by 大月はるか
誰にも言えない私の秘密 by 響風子
風俗店Kの店長日記
by 村木 治
風俗嬢の人間観察
by 佐藤明子
私は買われたい女2
by 河野美雨
男を買う女たち
by 織田博和
まどかの風俗体験記
by 大内まどか

ちゃんねる69
by 深山サキ

私は買われたい女
by 河野美雨
チャットレディー“すずね”
by 坂井鈴音
風俗噺Part5
by 藤山たまき
風俗噺Part4
by 桜木桃子
風俗噺Part3
by 蝶野かおり
風俗噺Part2
by 春間玲花
ストリッパー綾乃
by 秋月綾乃
ちょっとマジメな風俗噺
by 月沢美夕
風俗嬢オススメ厳選ストア

大月はるかご案内

大月はるか自己紹介

あなたもライターになれる

新着エッセイ

発行部数と履歴
09 同性愛者が親になる時
08 女が女の裸を見るのは犯罪か?
07 自殺未遂とタトゥー
06 あの頃
05 差別
04 踊るレズビアン(2)
03 踊るレズビアン(1)
02 初恋
01 2丁目ガイド

00

『2丁目デビュー』

第5回

差別


 こんにちは。大月はるかです。
前回、今日は初恋人の話を書くと予告したのですが、ちょっと変更します。他に書きたいことができたので…。初恋人の話はまた今度。

同性愛者は差別される。
 それが、世の中の現状とされている。
 だけど、幸運なことに、私は自分が差別されていると感じたことがない。一つには、私が男性も愛せるバイセクシャルだということがあるだろうが、女性の恋人がいる時にも、またそれを隠さなくても、差別をされたと感じたことはない。
 鈍感なのだろうか?
ちなみに、今つきあっている男性も、友達も兄弟も、私がバイセクシャルだということは知っている。それでも、ちゃんと良い関係でいる。
 差別って、どんなことをされちゃうんだろう?
 
ちょっと調べてみたところによると…
〇同性愛者は献血できない(問診表の中に、同性との性的接触をもったか?というのがあって、それをチェックすると献血できないらしい)
〇同性愛的な内容のサイトの掲載を、プロバイダに禁止された、または削除するように言われた
〇同性愛者の団体は青年の家を借りられなかった(この件は裁判になり、同性愛者の団体が勝訴)
 などがあった。調べればいくらでもありそうだ。それに、海外では同性愛者だというだけで、暴行されるという事件も頻発している。

 そういえば、私も、差別まではいかないかもしれないが、、ちょっと嫌な思いをしたことは一度だけあった。
 まだ十代の頃で、その時、私は女性の恋人とホテルに泊まっていた。いわゆるラブホテルである。それで、その部屋から出る時に、廊下で男女のカップルと鉢合わせた。
 その時、そのカップルが、私たちのことをジロジロ見ていた。
「女同士だよ」
 みたいな会話も聞こえた。そして、駐車場でも一緒になると、そのカップルの男のほうが、わざわざ走って私たちの前に回りこんで、顔をマジマジと見てきたのだ。明らかに意図的で、冷やかしじみた行為だった。
 それで、私は彼女に必要以上にべったりくっついて、
「何か?」
 と言った。
 話しはそれだけである。私が「何か?」と言ったあとは、特に何もおこらなかった。
 だけど、車に乗った後、彼女はため息まじりに、
「やめなよ、ああゆうことするの」
 と言った。
 その後、私が、なんで?と聞くと、彼女は、
「無視すればいいでしょ。恥ずかしい…」
 と言った。
 その、恥ずかしいという言葉が何を指しているのかわからなかったが、私には、男女のカップルに冷やかされたことより、そっちのほうが心に引っかかった。彼女とは、車に乗って家に帰る間中、口をきかなかった。
 そのことが原因ではないが、その後しばらくしてから、彼女とは考え方が合わなくて別れた。

 だからどうだ、ということはないのだが、私が言いたいのは、差別がなくならないのは、同性愛者の側にも悪い部分があるのではないか?ということだ。
 ホテルの駐車場で、冷やかしてきた男にとった態度は正しかったと思う。そのまま顔を背けて車に乗ったら、負けた気がするでしょ? 冷やかされるいわれはないんだ
から。
 マイノリティの中には、負けを甘受している人がいる。それが、差別のなくならない原因の一つなのではないだろうか?
 どうにもならないこともあるけど、自分が正しいと思うなら戦ったほうがスッキリするでしょ?

 私は愛したい人を愛して、自分のやりたいように生きるぞ。
 マイノリティ万歳!

2004.03.20

大月はるか

バイセクシャル“はるか”



 

 

たまごやの新着


創刊:2004.01.15
訪問者数:カウンター
更新:2008.10.14
お店で買うにはちと恥ずかしい
デジタルたまごや